車検にかかる時間について3つの時間を知っておこう!

      2017/05/10

車検 時間

「車検は数日かかる」

そう思っている方が、どれだけいるのだろうか。

ずばり、車検にかかる時間は「最短で数時間」なんです。

昔は、ディーラーやカーショップなど扱う車検は、お金がもらいやすいので、少しでも長く時間をかけることによって、手間をアピールしていたかもしれません。

しかし、車の所有者は「営業で使っているから」、「来週、家族で旅行に行くから」と理由は様々ですが、早く使いたい方が多いのです。

ここでは、そんな車検の時間にこだわって解説したいと思います。

車検にかかる3つの時間

1.予約時間

車検は、「最短で数時間」とお伝えしましたが、車検は予約が必要です。

ユーザー車検で陸運局に行くにしても、事前に予約が必要ですし、まず、当日予約で車検が可能な店舗は無いと言って良いでしょう。

また、事前に見積を取得しておかなければいけないので、やはり、3日~1週間ほど余裕をもっておくことが大切です。

下記に車検の見積から検査予約までの日数をお伝えいたします。

  • オートバックス:3日~
  • イエローハット:3日~
  • ホリデー車検:2日~
  • 車検の速太郎:2日~
  • ガソリンスタンド:3日~5日
  • ディーラー:5日~
  • 民間整備工場:3日~5日
  • ユーザー車検:最短で翌日

2.検査時間

車検 点検

車検では、24カ月定期点検整備等や車検検査が行われます。

これは、ブレーキやタイヤの状態など、56カ所の点検項目があり、不具合があった場合は、交換もしくは修理が行われます。

交換部品が店舗に無い場合は、取り寄せなどで時間がかかってしまう場合があるでしょう。

点検終了後、スピードメーター検査や光軸検査、下回り検査などが行われ検査終了になります。

下記に車検の検査時間をお伝えいたします。

あくまでも点検箇所に不具合が無く、スムーズに検査が行われた場合と考えてください。

  • オートバックス:60分
  • イエローハット:60分
  • ホリデー車検:30分
  • 車検の速太郎:45分
  • ガソリンスタンド:1日
  • ディーラー:1日~3日
  • 民間整備工場:1日~3日
  • ユーザー車検:15分

3.車検証・車検ステッカー受取時間

適合標章

出典:http://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/diary/201511220000/

検査が終わると「適合標章(仮車検証)」が発行されます。

適合標章を貼ったまま、公道を走っている車を見かけたことがあるのではないでしょうか。

新しく車検証とステッカーを陸運局で発行してもらうので、数時間~数日後郵送もしくは、ショップまで受取に行く必要があります。

ユーザー車検やガソリンスタンドは、陸運局で検査から新車検証の発行までを行ってしまいますので、当日にすべて完了してしまう場合もあります。

下記に、車検証と車検ステッカーの受取時間をお伝えいたします。(適合標章は、発行後15日間しか使えませんので、2週間以上かかることはありません。)

  • オートバックス:1週間程度
  • イエローハット:1週間程度
  • ホリデー車検:車検完了後2週間以内
  • 車検の速太郎:3日程度
  • ガソリンスタンド:車検完了当日
  • ディーラー:車検完了後2週間以内
  • 民間整備工場:車検完了当日
  • ユーザー車検:車検完了当日

各店舗によって少々日数が異なるようです。
必ず車検を受けた店舗に確認をするようお願いいたします。

補足:一括見積から探す

車検が近づいている方は、一括で複数の業者に見積依頼が出来るサイトがありますので、ご紹介いたします。

車検費用の総額を知ることができ、お近くの車検を受けられる店舗が簡単に探すことが出来ます。

無料ですので、是非、見積もり依頼してみてください。

1.EPARK車検

お宝ドットコム出典:EPARK車検

EPARK車検(旧お宝車検)は車検の比較&予約が出来る、日本最大級の車検クーポンサイトです。自宅の郵便番号を入力するだけで、自宅から近くの車検を行える店舗を探せます。

国家資格整備士が常駐している店舗しか掲載していないので、安心して車検を任せられると評判の店舗ばかりです。

車検基本料と法定費用が分かりやすく表示され、飛び込みで車検をお願いするより、割引がありますのでお得です!

メリット

  • 車検基本料が安くなるクーポンの予約ができる
  • ご近所のお店をカンタン検索
  • 価格や自宅からの距離、サービスなどのこだわり条件可能
    (※見積もり依頼をすると3日以内に連絡があります。そこで見積もり日程の調整をお願いいたします)

車検見積はこちら☟

2.カーセンサー

カーセンサー 車検出典:カーセンサー

リクルートが運営するクルマ総合情報サイト「カーセンサー」の車検見積もりサービスです。

車検業者などに頼む場合、どんな整備工場で車検が行われているのか、車検システムの特徴を理解することで、自分の条件に合った車検が選べると評判です。

メリット

  • サービス内容が一括表示されるので分かりやすい
  • ご近所のお店をカンタン検索
  • 自宅からの距離、サービスなどの絞り込んでの検索可能
    (※見積もり依頼をすると3日以内に連絡があります。そこで見積もり日程の調整をお願いいたします)

車検見積はこちら☟

3.楽天車検

楽天車検出典:楽天車検

簡単な検索や充実した店舗情報、5,000件以上の口コミなど、サービス満載なのが「楽天車検」です。

楽天ユーザーならポイントをためれるのもうれしいですね。

また、楽天車検なら90%以上の店舗がクレジットカード払いに対応しているので、万が一のリボ払いも対応できます。

メリット

  • 楽天ポイントがつく
  • オートバックスや速太郎の車検も選択可能
  • 土日祝でも可能な店舗が選べる
    (※見積もり依頼をすると3日以内に連絡があります。そこで見積もり日程の調整をお願いいたします)

 車検見積はこちら☟

まとめ

いかがでしたでしょうか。

車検にかかる時間は、見積から検査までの予約を含め、約3日程度かかります。

明日、車検が切れてしまうといった場合は、カーショップにお願いしてみるのがいいと思いますが、出来れば、余裕をもって車検には望みたいところです。

激安タイヤ通販の決定版!

タイヤはインチが大きいほど高くつくものです。

激安タイヤをお考えでしたら、 通販実績No1・顧客満足度99.5%の「オートウェイ(AUTOWAY)」がおすすめです。

オートウェイでタイヤを購入するメリットは次の通りです。

  • 年中無休
  • 年間180万本以上のタイヤ販売実績
  • 最短1日~2日の短期納品
  • 送料が全国一律タイヤ1本1,080円(税込)
  • タイヤを直送可能な取付店がある

ちなみに、オートウェイは、2015年6月より無類の車好きである石田純一さんをイメージキャラクターに起用しています。

1941年創業以来、1999年よりタイヤの通信販売を開始してから、通信販売での累計販売本数が1,600万本を販売するオートウェイなら、きっと満足すること間違いなしです。

無料買取一括査定

無料買取一括査定ランキング

第1位 かんたん車査定ガイド
入力45秒!簡単・人気急上昇中の一括査定

簡単入力で最大10社に一括で見積依頼。
中古車の買取一括査定の決定版!
入力後、すぐに査定概算価格が表示されます。
詳細ページ
第2位 カーセンサー
皆さんご存知!カーセンサー運営の一括査定

加盟業者数が多い。
最大11社からの見積もりが可能。
メールでの連絡も選べる(※電話連絡はあります)。
詳細ページ
第3位 ズバット車買取
全国展開大手の買取業者が多数参加

全国211社から厳選された最大10社に一括で査定依頼。
利用者100万人突破!
査定額が平均16万円以上アップの実績。
詳細ページ

役に立った!
と思われた方はシェアしてください!

 - 車検