車検前に注意!必ず確認するべき3つの必要書類

      2016/11/17

車検 必要書類

2年に1回の車検ですが、車検の時には必要な書類があることをご存知でしょうか。

ディーラーの担当者さん等から「これと、これを用意してください」と言われて準備を始める人がほとんどでしょう。

中には、車検に必要な書類が見つからないなんて事もあります。

車検満了日が来る前に今一度、車検の時に必要な書類を確認しておきたいところです。

ここでは、ディーラーやカーショップで車検を行う方が、車検が近づく前に、前もって確認しておくべき必要な書類について分かりやすく解説いたします。是非、ご覧ください。

車検に必要な書類とは

車検時には、いくつか必要な書類があります。

通常は、車検書類を車のドアポケットやダッシュボードに保管されているのではないでしょうか。

まずは、以下の書類があるか必ず確認するようにしてください。

1.車検証

車検証

車検証(自動車検査証)は、車の身分証明書のようなものです。

自動車を運行する際には「有効な自動車検査証」を携帯することが義務づけられているため、車中に保管されていることでしょう。

また、自動車検査証を携行せずに自動車を運行した場合、50万円以下の罰金に処せられますのでご注意ください。

2.自動車損害賠償責任保険証明書

自賠責保険証明書

自動車損害賠償責任保険は強制保険です。

『自賠責保険証』も携帯することが義務づけられているため車中に保管しておくのが通常です。

自賠責保険証を携行せずに自動車を運行した場合、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金、道路交通法上の交通反則通告制度点数6点が加算に処せられますのでご注意ください。

『自賠責保険証』は以下の確認をお願いいたします。

  1. 自動車登録番号(車のナンバー)
  2. 保険期間(車検期間内であるか)
  3. 保険契約者の氏名

3.自動車税納税証明書

自動車税納税通知書

各自動車の排気量で金額が定められ、毎年4月1日午前0時時点での、その自動車の所有者、もしくは使用者に対し納税義務が発生します。毎年5月中にご自宅に郵送されてきます。

納付期限が設けてあり、車検時には必要になりますので、必ず期限内に納付するようにしましょう。

もし、納付期限に間に合わなかった場合は、延滞金がかかる場合がありますので注意が必要です。

各証明書が紛失した場合の再発行方法

各証明書が、紛失・汚損・盗難された場合には、速やかに再発行しなければなりません。確認をしておきましょう。

1.車検証

車検証を紛失・汚損・盗難された場合には、ご自身で、現在付いているナンバーを管轄する運輸支局で再発行手続きを行うか、車検を受けられるショップに前もって問い合わせをして発行をお願いしましょう。

2.自動車損害賠償責任保険証明書

一般的には車検を受けたショップに連絡し、『証明書番号』もしくは『取り扱い保険会社』を聞いてください。

その後、ご自身でその保険会社に連絡し再発行の手続きを取るようにお願いいたします。

もし、「車検を受けたショップが不明」や「ショップが無くなってしまった」場合には、取り扱い保険会社が分かりませんので、自賠責保険を取り扱っている会社すべてに電話をし確認をするしか方法はないようです。

3.自動車税納税証明書

平成27年4月から納税されている場合には自動車税納税証明書の提示が省略できるようになったようです。

ディーラーやカーショップでは、「自動車税の滞納」があるか分かりませんし、「富山県、福井県、長野県、岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、鳥取県、岡山県、愛媛県、佐賀県、鹿児島県」は納税証明書が必要になります。(2016年1月末現在)

紛失をしてしまった場合には、都道府県 (税事務所)もしくは、陸運局内の窓口にて再発行の手続きをお願いいたします。
(※県によっては再発行自体しない県もあるようですのでご注意ください)

再発行に関しては、本人ではなく代理人でも構いませんので、ディーラーやカーショップの方に自動車税納税証明書の紛失をしたことを伝えれば、手続きをしてくれます。

ご自身で手続きをする場合は、車検証を持参していくとスムーズにいきます。

参考:http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/sikumi/nouzei.pdf

補足:一括見積から探す

これから車検の見積もりを取ろうと思っている方は、一括で複数の業者に見積依頼が出来るサイトがありますので、ご紹介いたします。

車検費用の総額を知ることができ、お近くの車検を受けられる店舗を簡単に探すことが出来ます。

無料ですので、見積もり依頼してみてください。

1.EPARK車検

お宝ドットコム出典:EPARK車検

EPARK車検(旧お宝車検)は車検の比較&予約が出来る、日本最大級の車検クーポンサイトです。自宅の郵便番号を入力するだけで、自宅から近くの車検を行える店舗を探せます。

国家資格整備士が常駐している店舗しか掲載していないので、安心して車検を任せられると評判の店舗ばかりです。

車検基本料と法定費用が分かりやすく表示され、飛び込みで車検をお願いするより、割引がありますのでお得です!

メリット

  • 車検基本料が安くなるクーポンの予約ができる
  • ご近所のお店をカンタン検索
  • 価格や自宅からの距離、サービスなどのこだわり条件可能
    (※見積もり依頼をすると3日以内に連絡があります。そこで見積もり日程の調整をお願いいたします)

車検見積はこちら☟

2.カーセンサー

カーセンサー 車検出典:カーセンサー

リクルートが運営するクルマ総合情報サイト「カーセンサー」の車検見積もりサービスです。

車検業者などに頼む場合、どんな整備工場で車検が行われているのか、車検システムの特徴を理解することで、自分の条件に合った車検が選べると評判です。

メリット

  • サービス内容が一括表示されるので分かりやすい
  • ご近所のお店をカンタン検索
  • 自宅からの距離、サービスなどの絞り込んでの検索可能
    (※見積もり依頼をすると3日以内に連絡があります。そこで見積もり日程の調整をお願いいたします)

車検見積はこちら☟

3.楽天車検

楽天車検出典:楽天車検

簡単な検索や充実した店舗情報、5,000件以上の口コミなど、サービス満載なのが「楽天車検」です。

楽天ユーザーならポイントをためれるのもうれしいですね。

また、楽天車検なら90%以上の店舗がクレジットカード払いに対応しているので、万が一のリボ払いも対応できます。

メリット

  • 楽天ポイントがつく
  • オートバックスや速太郎の車検も選択可能
  • 土日祝でも可能な店舗が選べる
    (※見積もり依頼をすると3日以内に連絡があります。そこで見積もり日程の調整をお願いいたします)

 車検見積はこちら☟

まとめ

いかがでしたか。

今回は、カーディーラーやカーショップで車検を受ける際に必要な書類について解説いたしました。

車検前だけではなく、運転後のちょっとした時間をつかって、確認をしておくのもいいと思います。

免責事項

役に立った!
と思われた方はシェアしてください!

 - 車検