軽自動車専門店レディバグ

ジュニアシート

【ISOFIX対応!】おすすめジュニアシート厳選5選

2017年12月3日

isofix ジュニアシート

シートベルトを使わない、簡単に装着できるISOFIXは、1999年に国際規格化された世界共通のチャイルドシートです。

安全性の高いISOFIXのチャイルドシートは、新生児用からの製品が多いと思われますが、ジュニアシートにもISOFIX対応のものが必要ではないでしょうか。

ここでは、ISOFIXのジュニアシートについて詳しく解説したいと思います。

信憑性を高めるため、すべての製品の口コミを確認しておりますので、安心して読み進めてください。

※2017年12月3日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、最新機種も修正して2020年6月29日に再度公開しました。

ISOFIXとは

isofix

国際標準化機構(ISO)が、シートベルト固定タイプの代替として定めた次世代の固定方式です。

車の後部座席のシートの間に取付金具(ISOFIXアンカー)が設置されており、そこに、チャイルドシートのコネクターをはめ込み固定するという方法です。

国内においても2012年7月以降発売されている、すべての自動車にはISOFIXの装備が義務化されました。

ISOFIXの重要性

チャイルドシート取付状況

出典:チャイルドシート使用状況全国調査(2015)

警察庁・JAFの合同調査(2015年)から、6歳未満全体のチャイルドシートの取付状況をみると、54.5%のユーザーが誤った使用をしているとデーターがあります。

そこで重要度を増すのがISOFIXであり、一番のメリットは『取り付けミス防止』です。

シートベルト固定式であるとなかなかうまく取り付けが出来ないですが、ISOFIXであれば、ママでも簡単にチャイルドシートが取り付けることが出来ます。
結果、取り付けミスを防止につながるのです。

ISOFIX対応おすすめジュニアシート厳選5選

ISOFIX対応のチャイルドシートのほとんどが新生児から使用できるタイプです。

ジュニアシートでISOFIX対応しているものは、あまり数はありません。

6歳未満までは着用義務がありますので、ジュニアシートでもISOFIX対応の製品があれば安心ではないでしょうか。

1.フォームフィット

フォームフィット

フォームフィットは、ISOFIXのジュニアシートです。

1歳頃から11歳頃まで使用でき、シートをリクライニングさせると座席が前に動くので、快適な姿勢を保つことが出来ます。

3点式シートベルトには対応していませんのでお間違え無く。

製品詳細
メーカー名:アップリカ
製品名:フォームフィット
適応体重:9kg以上36kg以下
適応年齢:1歳頃〜11歳頃
本体重量:12.4kg
本体サイズ:幅44~48.5cm×奥行51.8~58cm×高さ64.4~82.2cm
シートカラー:ラズベリーローズ、ピーコックブルー
取付方法:ISOFIX
参考価格:37,800円

2.トラベルベストEC Fix

トラベルベストEC Fix

日本育児から発売されているトラベルベストEC Fixは、「大型のヘッドレスト」で子どもの頭部をやさしくサポートし、側面衝突からからだを守る「ショルダーサポート」、座面には疲れにくい「やわらかクッション」を採用しています。

トラベルベストEC+同様に、コンパクトで折りたたんで持ち運びも出来ます。

口コミも高評価で、『1歳から7歳ぐらいまで使用できるので使用義務期間がカバーできる』や『ISOFIXでこの価格は魅力がある』などがあげられます。

製品詳細
メーカー名:日本育児
製品名:トラベルベストEC Fix
適応体重:9kg~18kg(1歳~4歳頃)
     15kg~25kg(3歳~7歳頃)  
適応年齢:1歳~7歳頃まで
本体重量:7.3kg
本体サイズ:幅40cm×奥行42cm×高さ64~69cm
シートカラー:ブリリアントブラック、エターナルブラウン
取付方法:ISOFIX固定もしくは、3点式シートベルト
参考価格:19,800円

出典:http://www.nihonikuji.co.jp/item/travelvest_ecfix.html

3.パパット 2

PAPATTO 2

PAPATTO(パパット)2は、前作PAPATTOの改良ジュニアシートです。

PAPATTOの特長は4つ、乗せ下ろしがしやすい「ジャンピングハーネス」、取り付け簡単「ISOFIX」、「リクライニング機能」、「ブースター可能」は、当然引き継がれており、前作との一番の違いは「背もたれカバーのメッシュ範囲が約20UPした事」になります。

3点式シートベルトにも対応していますので、いかがでしょうか。

前作PAPATTOも、まだまだ発売中です!

製品詳細
メーカー名:エールベベ
製品名:PAPATTO 2
適応体重:9kg~36kg以下
適応年齢:1歳〜11歳頃
本体重量:10kg
本体サイズ:幅43cm×奥行52.5cm×高さ59cm
シートカラー:ナチュラルダークグレー、ナチュラルグレー、デニムブルー、カーボンブラック
取付方法:ISOFIX、3点式シートベルト
参考価格:36,600円

出典:Amazon-パパット2

4.RodiFix

マキシコシ ロディフィックス

マキシコシのジュニアシートは年齢が4歳ころからと使用期間が遅めですが、ゆったり座れるシートクッションで安全快適な座り心地。

成長に合わせて背もたれを外して、座面のみで使用も出来ます。

ヘッドサポート部分は上下可動になっており、体に合わせて調整可能です。

口コミでは、国産にはない上質さが高評価のようです。

製品詳細
メーカー名:マキシコシ 
製品名:RodiFix Airprotect
適応体重:15kg~36kg 
適応年齢:4歳~12歳頃まで
本体重量:6.15kg
本体サイズ:幅54cm×全長51cm×高さ63.5cm
シートカラー:ブラックレイベン、コンクリートグレイ、アースブラウン、ロビンレッド、リバーブルー、ノマドサンド、ノマドブルー、ノマドグリーン、レッドオーキッド、スパークリンググレイ、ブラックダイアモンド、オリガミレッド、トライアングルフロー、ウォーターカラーブルー、ブラッククリスタル
取付方法:ISOFIX固定もしくは、3点式シートベルト
参考価格:31,320円

出典:マキシコシ‐RodiFix

5.PALLAS M-FIX SL

Pallas M-Fix SL

サイベックス独自のセーフティクッションが万が一の衝突時に、膨らんだエアバッグのような働きをして、衝撃を吸収します。

このシステムを用いることによって、従来の5点式ハーネスシステムと比べて、子どもの首や肩など局部への負担を大幅に軽減させることができます。

3歳頃からはセーフティクッションとベース部分を取りはずして12歳頃まで使用できるジュニアシートへと移行できます。

口コミはまだありませんが、安全性の評価が高かったのでご紹介させていただきました。

製品詳細
メーカー名:サイベックス
製品名:PALLAS M-FIX SL
適応体重:3.9kg~36kg
適応年齢:9ヶ月頃~12歳頃
本体重量:5.8kg
本体サイズ:幅42cm×奥行54cm×高さ63cm
シートカラー:ピュアブラック
取付方法:ISOFIX固定もしくは、3点式シートベルト
参考価格:46,200円

出典:サイベックス‐PALLAS M-FIX SL

まとめ

いかがでしたか。

ISOFIX対応のジュニアシートは少ないですが、今回、ご紹介した商品はその中でもトップクラスです。

ISOFIXのジュニアシートが気になる方は、是非、参考としていただければ幸いです。

アカチャンホンポネット通販

週末には、子どもと一緒に子供用品販売店に行って、子どもの洋服やチャイルドシート、ベビーカーなど見られている方も多いと思います。

子供用品販売店の中でも、「アカチャンホンポ」をご存知ですよね。

アカチャンホンポは、80年以上の歴史があり、出産を迎える方や子育て中の方まで、皆さんに愛されているショップです。

皆さんも一度は行かれたことがあると思いますが、通販でもアカチャンホンポの商品が購入できます。

  • まとめて購入する方は割引あり
  • 5,000円(税別)以上の商品購入で宅配送料無料(※保冷配送や大型商品、組み立てが必要な商品の場合、別途手数料がかかります。)
  • チャイルドシートなどの大型商品の持ち返り不要

ちょっと、赤ちゃん用品を買うのを忘れてしまった方やお店がお近くに無い方などアカチャンホンポのネット通販を選んでみてはいかがでしょうか。

無料買取一括査定

無料買取一括査定ランキング

第1位 かんたん車査定ガイド
入力45秒!簡単・人気急上昇中の一括査定

簡単入力で最大10社に一括で見積依頼。
中古車の買取一括査定の決定版!
入力後、すぐに査定概算価格が表示されます。
詳細ページ
第2位 カーセンサー
皆さんご存知!カーセンサー運営の一括査定

加盟業者数が多い。
最大11社からの見積もりが可能。
メールでの連絡も選べる(※電話連絡はあります)。
詳細ページ
第3位 ズバット車買取
全国展開大手の買取業者が多数参加

全国211社から厳選された最大10社に一括で査定依頼。
利用者100万人突破!
査定額が平均16万円以上アップの実績。
詳細ページ
  • この記事を書いた人

CARティーチャー

車好きな者達が集まって作っているサイトです。 こんな情報が欲しいなど、どんどんコメントいただければ幸いです。

-ジュニアシート

© 2020 知って得するカーメディア CARティーチャー