月額制乗り換え放題!ノレルを徹底的に解説

      2017/10/03

ノレル カーリース

車は所有すると維持費がかかりますよね?

  • 税金
  • 自動車保険
  • 車検代 など

皆さんもご存知であるカーシェアは便利なサービスですが、借りたい時に無い場合もありますし、近くにカーシェアの車が無い場合もあるでしょう。

そんな中で月々定額の支払いだけで、税金や保険、車検代がかからず、車が乗り放題ならいかがですか?

実は、新しい自動車サービスである「ノレル」と言うサービスがあるんですよ!

ここでは、「ノレル」について、分かりやすくご紹介いたしますので、是非、ご覧ください。

ノレルとは

ノレル

出典:https://norel.jp/

ノレル(NOREL)」とは、2016年8月に「月額定額クルマ乗り換え放題サービス」として、先着100名から始まりました。

株式会社IDOMが運営母体ですが、「ガリバー」と言った方が皆さんも馴染みがあるかもしれませんね。

先着100名の予約開始から24時間で受付終了してしまったほどの人気です。

クルマは買わずに「乗り換えホーダイ」の時代へ!

というキャッチフレーズを掲げ、月額定額の中には「税金、自動車保険、車検」が含まれているので、駐車場、ガソリン代、消耗品の負担さえすれば、好きな車種に乗れると言うものです。

分かりやすく言うと、「短期間から使用可能なリース」と認識してもいいと思います。

ノレルが使用できる地域

ノレルは、全国で使用できるサービスではありません。

現在は下記の都市の該当市区町村のみでサービスを受けることが出来ますので、まずは可能な地域であるかの確認をしましょう。

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 群馬県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 山梨県
  • 静岡県

ノレルの気になるサービス内容

1.料金

ノレルのを利用するには、まずは、無料の会員登録をしなければなりません。

無料会員登録後、利用するには、どんな料金がかかるのかご紹介いたします。

年会費

ノレルには年会費があります。

初回予約時に50,000円(税別)の年会費と、その後1年ごとに更新料が発生します。

料金プラン

ノレルには、約100車種の中からお好きな車を選ぶことになりますが、車種によって料金プランが分かれています。

車種から選ぶのも良いかもしれませんが、料金プランから車種を絞り込むのも良いと思いますので、どんな料金プランがあるか確認しましょう。

  • 29,800円/月
  • 39,800円/月
  • 59,800円/月
  • 79,800円/月
  • プレミアム(200,000円/月)

すべて税抜き価格ですので、注意してください。

2.任意保険

ノレルは、毎月の定額費用の中に任意保険の料金が含まれております。

以下の3つの補償が適用ですので確認しましょう。

補償名 補償金額
対人補償 無制限
対物補償 無制限
人身傷害補償 3,000万円

※契約者のご家族・同居人に限る(2名まで)

  • 対人補償:他人を死亡させたり、けがをさせたりした場合の補償
  • 対物補償:他人の物や車に損害を与えた場合の補償
  • 人身傷害補償:ご自身や同乗者が死傷した場合の補償

従って、車両保険(車両の破損など)は入っていませんので、「車を壁にこすってしまったり」、「盗難」、「いたづら」などの補償は、修理費用を負担しなければいけないということになります。

しかし、ノレルには「NORELケア」と呼ばれる、通常の任意保険の補償をアップし、さらに車両保険が追加された、保険プランがあります。

NORELケア

NORELケアに別途加入すると、以下の補償内容になります。

「月額10,000円(税別)~」の別途保険費用が設定され、大体10,000円~20,000円が通常費用のようです。

補償名 補償金額
対人補償 無制限
対物補償 無制限
人身傷害補償 5,000万円
車両保険 時価相当額
(免責10万円〜60万円)
原状回復 修理代金10万円まで無料

NORELケアは、人身傷害が「3,000万円」から「5,000万円」にアップしたことや車両保険が付帯されたことが大きなメリットになります。

しかし、一番理解しなければいけないことは、車両保険には「免責」が設定されているということです。

  • 免許の色
  • 年齢
  • 利用人数
  • 車両のタイプ

などによって細かく免責金額が分かれています。

10万円~60万円までは、修理費用が自己負担となりますので、注意が必要です。

3.税金

ノレルには、各種税金費用が月額費用の中に含まれています。

  • 自動車保険
  • 車検代(自賠責保険、重量税、取得税など)

リース契約ですので、当然のことかもしれませんが、ご紹介いたしました。

4.サービス利用の流れ

上記では、サービスによる気になる費用についてご紹介してきましたが、ノレルのサービスを利用するには、どんな流れになるのか知っておかなければいけません。

流れは下記のようになります。

  1. 無料の会員登録
  2. 乗りたい車の検索:料金プランや車種などから検索
  3. 車の予約:受け取り店舗を指定して、車を予約
  4. 書類の準備:ノレルの事務局より必要書類をまとめたキットが送付
  5. 返送作業:書類へ記入後、同封の返信用封筒でノレル事務局に返送
  6. 納車予約:ノレル事務局での確認作業が終了次第、サイト上で受け取り日時の選択
  7. 納車:受け取り店舗にて車を受け取る

書類の返送作業や書類不備による再送などを考慮し、「最短24日」で車の納車が可能になるそうです。

また、借りたい車には「利用期限」という制度が設けられています。

利用制限は、車自体、いつまで借りれるかの設定がしてあるもので、「半年先から2年後ぐらい」まで1台1台利用制限日が異なっています。

90日で乗り換えようと思っている方ならあまり関係ありませんが、もう少し長期で1台の車に乗りたいと考えている方は、利用制限の確認を必ずしましょう。

車の乗り換え

ノレルの最大メリットとも言えるのが、短期間での車の乗り換えです。

一般的には自動車リースは長期間と言うイメージをお持ちの方も多いと思いますが、ノレルは、「1台の車に最短90日間乗る」と次の車の予約申し込みが出来ると言うことです。

もし、車を乗り換えたいなと考えたのであれば、90日経過した次の日から、乗りたい車を予約して、再度、上記のサービスの流れに沿って車両を交換することになります。

次の車も届くまで最短24日〜1ヶ月半程度かかるそうですので、余裕をもって予約をしなければなりません。

また、乗り換え前後で月額料金が異なる場合は、それぞれ日割り請求となります。

返却や退会について

退会・返却を希望の方は、ログイン後お問い合わせフォームからNOREL事務局へ退会・返却連絡をします。

退会・返却の連絡から8営業日以降に、返却日、返却店舗を調整することとなります。(※返却申し入れ日の翌月末で契約終了)

5.キャンセルやペナルティについて

キャンセルやペナルティについても気になることでしょう。

キャンセルが出来るのか、何か知っておかなければいけない事があるのか、ご紹介いたします。

キャンセル料

キャンセル料については定義が難しいです。

車両を引き渡し前の解約」と「リース中の解約」ことなります。

1.車両を引き渡し前の解約

解約時期 解約料
個別リース契約の成立または
変更後の対象自動車の選択から7日以内
対象自動車に係る
月額リース料の30%
同14日以内 同60%
同15日以降 同100%
  • 自動車税(1ヶ月分相当額)
  • リース契約の申込みをしたときに承諾した運搬費
  • 自動車取得税相当額

従って、車両引渡し前の解約はデメリットばかりですので、まずは「最低でも90日借りる」という事を考えたほうが良いかもしれません。

2.リース中の解約

最短で90日で乗り換え可能ですので、最短90日間だけ車を借りる事が出来るという事です。

しかし、90日経過する前に解約をしたい場合はどうなのでしょうか?

結論は「解約可能です」。

ただ当然ですが、リース契約の早期終了という扱いになるので、解約料が発生します。

  1. ノレルの定める方法で早期終了の通知
  2. 対象自動車の引渡し日から最低利用期間を経過する日までのリース料等を支払う(90日分)

この2つのみでリース中の契約を解約することが出来ます。

ペナルティ

ノレルに加入する前に、必ず確認しておかなければいけない事をご紹介いたします。

1.走行距離

  • 1ヶ月あたりの平均走行可能距離:2,000km
  • 超過走行料金:月額利用料の20%×利用月数 

車の引渡しから返却の時までに増加した走行距離をリース期間の月数で割った走行距離が2,000km以内か以上かという事です。

もし1年間借りるようであれば、「12か月×2,000km=24,000km」となり、年間で24,000km以内であれば問題ないですが、24,000km以上走行するのであれば、超過走行料金を支払う事となります。

2.原状回復

レンタカーやカーシェアとは違い、リース車ですので、「車両の所有者はノレル」、「使用者が利用者」になります。

短期間借りられるマイカーと言っても過言ではありませんので、ペットの同乗や車内での喫煙も可能となります。

しかし、利用制限日までの車両リースであるので、いずれ返却をしなければいけません。

もし、車両返却後に原状回復がされていないという事になった場合は、原状回復費用が別途請求されますので、最低でも返却をするまでに、車両の中のゴミや清掃(ペットの毛)を行う事が大切です。

まとめ

ノレル(NOREL)」はいかがでしたでしょうか。

結局、ノレルは「短期間で乗り換えが可能なリース車」ということです。

また、車両を受け取りに行かなければいけないため、お近くにガリバーの店舗が無い場合は難しいかもしれません。

短期間だけ車を使用したい方で、お近くにガリバーの店舗があれば、とてもメリットがあるサービスではないでしょうか。

無料買取一括査定

無料買取一括査定ランキング

第1位 かんたん車査定ガイド
入力45秒!簡単・人気急上昇中の一括査定

簡単入力で最大10社に一括で見積依頼。
中古車の買取一括査定の決定版!
入力後、すぐに査定概算価格が表示されます。
詳細ページ
第2位 カーセンサー
皆さんご存知!カーセンサー運営の一括査定

加盟業者数が多い。
最大11社からの見積もりが可能。
メールでの連絡も選べる(※電話連絡はあります)。
詳細ページ
第3位 ズバット車買取
全国展開大手の買取業者が多数参加

全国211社から厳選された最大10社に一括で査定依頼。
利用者100万人突破!
査定額が平均16万円以上アップの実績。
詳細ページ

役に立った!
と思われた方はシェアしてください!

 - お役立ち情報