Loading...
軽自動車専門店レディバグ

カーシェア

タイムズカーシェアを法人で利用する6つのメリットとは

2022年6月15日

タイムズカーシェア 法人

カーシェアと言えば、レンタカーよりもお手軽に、短時間から借りられる自動車サービスとして定着しており、「タイムズカーシェア」を一番に思い浮かべる方も多いと思います。

法人としては「カーリース」「レンタカー」に次いで、第3の選択として「カーシェア」を検討しているのではないでしょうか。

そこで今回は「タイムズカーシェアを法人で使う場合のメリット・デメリット」について説明していきたいと思います。

実際に利用する前に読んで、検討してみてはいかがでしょうか。

※この記事は2022年6月11日の情報に基づいて作成しております。

カーシェア導入のメリット

以下にカーシェア導入のメリットを示します。

1.コスト削減

・社用車からの乗り換えでコスト削減

・最短15分220円(ガソリン代・保険料込み!)から使用できます。

・利用料金は使った分だけ、予約開始時間から「返却手続き完了」までの「実際に使った時間」のみです。

2.移動の利便性アップ

・レール&カーシェアで渋滞回避&運転時間削減

レール&カーシェアの詳細はこちら

・予約した3分後には利用可能で急な利用にも対応

3.事故リスクの回避

・クルマの運転見える化サービスで運転傾向を確認

クルマの運転見える化サービスはこちら

・衝突防止機能・バックモニター搭載

カーシェアの活用シーン

1.テレワークでの活用(直行直帰)

・テレワークの増加により、事務所に寄らずに従業員の自宅周辺のカーシェアを利用し、客先に直行し自宅に直接帰ることが可能。

2.工場視察(出張利用)

・工場視察主張で現地での送迎を待たずに、飛行機や新幹線降りてすぐに目的地へ出発可能。

3.レール&カーシェア(渋滞回避)

・目的地の最寄りまで電車利用、ラストワンマイルでカーシェアを利用することで渋滞回避。

4.新会社設立

・ローコストで導入・利用できるカーシェアを重宝。シェアオフィスとの相性が良い。

5.社用車不足

・繁忙期で社用車が不足した際に利用。増車することなくコスト抑制に貢献。

6.夜間利用

・システムメンテナンスで夜間利用。会社で待機することなく自宅付近のカーシェアステーションで出発・返却できるため非常に便利。

導入事例はこちら

カーシェア導入のデメリット

以下にカーシェア導入のデメリットを示します。

1.使用する時は予約が必要となる

・レンタカーも同じですが、カーリースと異なり、使用する時は予約が必要になります。また予約がいっぱいの場合も有りますので、使用予定が決まったら、早めに予約する必要が有ります。

2.車のガソリンが少ない場合が有る

・レンタカーと異なり、ガソリンが少ない時が有ります。その場合は給油してください。20リットル以上の給油で30分の料金を割引。

3.車が汚れている場合が有る

・こちらもレンタカーと異なり、車が汚れている時が有ります。その場合は給油してください。水洗い洗車をすると30分の料金を割引。

利用方法の流れ

下記のような流れになっています。

  1. 入会・・・最初にタイムズカーシェアに入会
  2. 予約・・・パソコン、スマートフォンのいずれかでカンタン予約。
  3. 出発・・・クルマに会員カードをかざしてドアを解錠し出発
  4. 運転・・・利用ルールを守り安全に運転。
  5. 給油・洗車・・・給油・洗車をお手伝いいただくと、それぞれ30分相当の料金が割引
  6. 返却・・・出発したステーションにクルマを戻し、会員カードでドアを施錠
  7. 精算・・・当月利用分の料金を、指定いただいたクレジットカードでお支払い

入会方法

※ここでは法人・個人事業主の入会の場合について説明します。

個人入会(個人、家族、学生プラン)はこちら

タイムズカーシェアだけではありませんが、まずはカーシェア会社に入会しなければなりません。

初期費用としてカード発行手数料「660円(1人/1枚)」が、入会時に1回だけかかります。

会員カードが郵送の場合に初期費用が掛かります。

会員カードを受け取りに行く場合は、初期費用は無料です。

しかし、入会方法やキャンペーンによっては、入会時の初期費用が無料になることがありますので、要確認です。

※海外発行の運転免許証、国際免許証は受付できません。

詳細はこちら

2つの入会方法

法人・個人事業主の入会初期費用
カンタン入会有料
サポート入会有料

カンタン入会

最短4営業日でカード発送!インターネットを使用し、基本情報を入力します。

お申し込み後、最短4営業日で会員カードを発送いたします。

【対象】以下の3項目すべてに該当する法人

  • 法人番号を有する
  • クレジットカード払い
  • 運転免許証画像をWebにてアップロード可能
入会までの流れ

1.入会手続き

[カンタン入会フォーム]から必要事項を入力ください。登録後、お申込書の郵送をお願いいたします。

2.法人入会審査・会員カード発送

法人入会審査を行い、手続き完了後、会員カードを発送いたします。

※最短4営業日(土日祝日・年末年始を除く)で会員カードを発送いたします。

※審査状況によっては、4営業日を超える場合があります。

3.運転免許証情報登録

会員カードが届きましたら運転者(利用者)に配布ください。運転者(利用者)ごとにマイページにログインし運転免許証情報を登録してください。

4.運転免許証、審査完了メール送信

運転免許証審査を行い、手続き完了後、運転者(利用者)宛に運転免許証登録完了メールを送付いたします。

※不備がなければ、4営業日程度で(土日祝日・年末年始を除く)メールをお送りいたします。

5.利用開始

Webサイト、スマートフォンアプリからカンタンにクルマの予約が可能です。予約時間にステーションに行っていただき、クルマを利用してください。

詳細はこちら

サポート入会

入会前に詳しく聞ける!

お申し込み後、タイムズカーシェア営業担当より連絡いたします。入会完了まで営業担当がサポートいたします。

【対象】

  • カンタン入会の条件に該当しない法人
  • 個人事業主
  • サービス内容やお手続きについて、詳しい内容の説明を希望される法人
入会までの流れ

1.入会申込

[サポート入会フォーム]から、入会申込を行ってください。

2.タイムズカーシェア営業担当より連絡

お申込完了後、3営業日以内に営業担当から、お電話にて連絡いたします。

3.入会手続き

担当者が訪問もしくはお電話にて、タイムズカーのサービス、メリット、規約などを説明いたします。入会申込書を送付後、「契約先IDのお知らせ」というメールが届きましたら、クレジットカード情報と運転者情報をWebサイトにて登録ください。

4.会員カード発送

会員カード到着後、運転者ごとにマイページへログインし、本パスワードの設定を行っていただくと利用開始となります。※運転免許証未提出の方は、「運転免許証アップロード」画面が表示されますので、案内にしたがいアップロードをお願いいたします。「運転免許証登録完了のご案内」メール受信後より利用開始となります。

5.利用開始

Webサイト、スマートフォンアプリからカンタンにクルマの予約が可能です。予約時間にステーションに行っていただき、クルマを利用ください。

詳細はこちら

月額基本料(月会費)

タイムズカーシェアの月額基本料金は「法人プランでは無料」です。

利用料金

レンタカーとは異なります。「ガソリン代・保険料」が含まれた料金です。

時間料金で利用の場合、予約時の開始時間(※)から、返却手続きが完了した時点までが課金対象となります。

万が一に備え、返却予定時間の30分から60分程度の長めに予約し、余裕を持って利用することをおすすめします。

返却予定時間より前に返却いただいた場合は、その時間までの料金の課金となります。早めに返却すると、その分お得になります。

ただし、パック(ナイトパック等)での利用の場合は、返却予定時間前に返却いただいた場合も料金は変わりません。

※開始時間は会員カードをかざした時間ではなく、予約開始時間となります(10分位早めに来て、出発前点検をしましょう。)

利用料金

出典:https://share.timescar.jp/faq/fare/01.html

料金表

(税込み)

 ベーシックミドルプレミアム
時間料金220円/15分330円/15分440円/15分
6時間まで4,290円6,490円8,690円
12時間まで5,500円7,700円9,900円
24時間まで6,600円8,800円12,100円
36時間まで8,800円11,000円17,600円
48時間まで9,900円13,200円20,900円
72時間まで14,300円18,700円27,500円
以降1日毎※25,500円6,600円7,700円
ナイトパック
(18時~翌9時)
2,640円3,960円5,280円
距離料金16円/km
・時間料金:6時間を超えるご利用で利用開始時からの走行距離に対して課金
・ナイトパック:利用開始時からの走行距離に対して課金

オプションサービスをご用意しております。(乗り捨て、チャイルドシート、4WD、スタッドレスタイヤ、最大30日間ご利用可能、1ヶ月前予約等)

詳細はこちら

※1 24時間以上の予約で、実際の利用が2時間未満の場合は、[ミニマムチャージ]がかかります。

詳細はこちら

>※2 一部ステーションに限り、オプションサービスにて、最大30日間利用可能です。

※3 ナイトパックは予約時に選べます。利用開始後に時間料金からナイトパック、またはナイトパックから時間料金へのメニューの変更はできません。

料金シミュレーションはこちら

最大時間料金

6,12,24、36時間...等、最大時間料金の時間で予約するとお得になります

6時間を超える利用で利用開始時からの走行距離に対して「距離料金16円/km」が掛かります。

予約時に利用時間を指定するだけで、自動的に最大時間料金(上限金額)が適用されるため、お得に利用いただけます。

各最大時間料金に達するまでは15分単位での課金となりますが、パック(ナイトパック等)利用の場合、延長料金に最大時間料金は適用されません。

最大時間料金について

出典:https://share.timescar.jp/fare/use.html

料金シミュレーションはこちら

ナイトパック

ナイトパックとは、「18時から翌9時まで」の時間帯に借りる予定がある方がお得になるプランです。

利用開始時からの走行距離に対して「距離料金16円/km」が掛かります。

ナイトパックは予約時に選択し、利用開始後に時間料金からナイトパック、またはナイトパックから時間料金へのメニューの変更は出来ませんので注意して下さい。

ミニマムチャージ

長い予約時間の割に、実際の利用時間が極端に短い場合に掛かります。

以下の条件にどちらも該当している場合は、2時間分の時間料金がミニマムチャージとして請求されます。

  1. 24時間以上の予約
  2. 実際の利用時間が2時間未満

利用開始前に予約取消された場合、ミニマムチャージは発生しません。

(税込み)

ベーシックミドルプレミアム
1,760円2,640円3,520円

ミニマムチャージについて

出典:https://share.timescar.jp/fare/use.html#minimum_charge

詳細はこちら

延長について

万が一に備え、返却予定時間の30分から60分程度の長めに予約し、余裕を持って利用することをおすすめします。

  • 利用を延長する場合は、返却予定時刻までに必ず延長手続きを行ってください。
  • 6時間を超える利用またはパック利用の場合、延長時間に対しても距離料金が発生します。
  • またパックの延長は、パック終了後から最大6時間まで延長可能です。
  • パック利用の場合、延長料金に最大時間料金は適用されません。

延長方法はこちら

無断延長料金について

延長の申請をせずに、無断で返却予定時間を過ぎても車両を返却していない場合、無断延長料が適用されます。

手続きなく返却が遅れた場合、返却完了までの超過料金は通常料金の2倍となります。(最大時間料金は適用されません)

(税込み)

ベーシックミドルプレミアム
440円/15分660円/15分880円/15分

安心補償サービス

事故時のNOC(ノンオペレーションチャージ)、タイヤの実費に加え、バッテリーあがり、キーのインロック、ガス欠、それに関わる搬送(レッカー等)の費用が免除となります。利用開始後の加入・取り消しはできませんので注意してください。

NOC(ノンオペレーションチャージ):利用者の不注意で事故・故障・汚損などにより、その車両を修理する期間営業できなくなったときの営業補償の一部として利用者が負担すること。

(税込み)

加入料金330円/利用

安心補償サービスについて

キャンセルについて

キャンセルについてですが、キャンセル料という設定はありません。

利用開始時間前の変更・取り消しは1分前まで変更可能となっていますので、直前で使用しないとわかったら必ず予約の取り消しをしましょう。

利用開始時間が過ぎてしまうと課金が始まり、返却予定時間のみ変更可能となりますので、時間料金の場合、取り消しが間に合わなければ最短の返却時間に変更すれば料金が安く済みます。

ただし、パック(ナイトパック等)料金の場合、全料金が課金の対象となってしまいますので、必ず利用開始時間の1分前までに取り消しをしましょう。

※利用開始時間後の変更・取り消しについてはこちらを参照ください。
オプションサービス対応ステーションでは、利用開始の約30分前まで変更可能です。ただし、オプション利用など車両準備時間が必要な場合は、利用開始の2時間前まで変更が可能となります。

補償制度(任意保険)

タイムズカーシェアは、もちろんですが、利用料金の中に補償制度と呼ばれる、車を運転する方なら誰もが知っている任意保険の費用が含まれております。

万が一の事故にあってしまった(起こしてしまった)場合に、以下の金額を限度とした補償がありますので、確認をしておきましょう。

補償名補償金額
対人補償1名につき 無制限 (自賠責保険 3千万円を含む)
対物補償1事故につき 無制限 (対物免責額 0円)
車両補償1事故につき 時価額 (車両免責額 0円)
人身傷害補償1名につき 無制限

※搭乗者傷害は付いていませんが、搭乗者の自動車事故によるケガ(死亡・後遺障害を含みます)につき、運転者の過失割合に関わらず、損害額を補償します。(限度額:無制限)

  • 対人補償:他人を死亡させたり、けがをさせたりした場合の補償
  • 対物補償:他人の物や車に損害を与えた場合の補償
  • 車両補償:タイムズカーシェアの車両に損害があった場合の補償
  • 人身傷害補償:ご自身や同乗者が死傷した場合の補償

保険・補償が適用できない例

保険や補償が適用とならない例をご紹介いたします。

  • 会員以外の方の運転
  • 「追加運転者登録」をしていない方の運転
  • 予約者が同乗していない運転
  • 無断延長
  • 事故の無申告
  • 虚偽申告
  • 警察へ届出せず
  • 相手方と直接示談
  • 飲酒運転など法令違反
  • 車両返却後の事故報告
  • 正常な運転ができない状態での事故(運転を禁止されている病気・薬物など)

など

その他、貸渡約款に掲げる事項に違反がある場合は、保険・補償の適用ができません。

NOC(ノンオペレーションチャージ)及びペナルティ料金

NOC(ノンオペレーションチャージ)とは、タイムズカーシェア利用中に事故や盗難、故障、汚損等が発生し、車両の修理・清掃が必要となった場合、その利用期間中の営業補償分を利用者が負担することを言います。

タイムズカー車両が、以下の事由に起因してサービスを停止した場合、営業補償の一部として下記の補償金額を請求します。

  1. 会員様のご利用中に発生した事故や、会員様の過失等により、車両に損害(汚損等含む)を与えた場合
  2. 会員様のご利用方法に起因して、車両(車内・外を問わない)の損害又は忘れ物の有無等を確認した場合
  3. その他、会員様のご利用方法に起因して、車両のサービスを停止する必要が生じた場合

NOCは非課税です。

事故時

自走可能の場合NOC(2万円)
自走不能の場合NOC(5万円)

忘れ物

弊社が忘れ物を回収する場合実費+NOC(2万円)

汚損

煙草の臭いの除去実費実費+NOC(2万円)
ペットの毛や臭いの除去
嘔吐された場合、灯油を積載した場合の清掃ならびに臭い除去
ごみの回収

紛失

駐車パスカード(定期券)実費
キー(車両)実費+NOC(2万円)
キー(キーボックス)
ガソリンカード実費
ガソリンキャップ
アンテナ
その他

当社の承認がない乗り捨て※1

会員様の故意又は過失により、当社が認めた場所以外へ乗り捨てたもの実費(保管料+移動費)+車両を弊社で定位置まで戻した時間までの延長料金

バッテリーあがり

ご利用中に発生した場合実費

混油

油種を間違えて給油された場合実費+NOC(2万円)

車両内破損

スイッチ類など実費+NOC(2万円)

破損

タイヤ実費

緊急対応※2018年9月3日より新設

窓の閉め忘れ5,500円(緊急出動費)+車両損害や第三者からの損害賠償請求があった場合にはその実費
ライト類の消し忘れ
停め直し(返却場所間違い・車枠はみだし等)
駐車券入庫※2
その他、弊社が現地対応を行う場合

その他

稼働を停止し修理した場合実費+NOC(2万円)

※1 冬用装備の無い車両で積雪エリアに向かい乗り捨てとなった場合は、故意に乗り捨てたものとみなします。
※2 駐車パスカード(定期券)を利用するステーションにおいて、駐車券をとって入庫してしまった場合等に相当します。

ロードサービスが出動(レッカー搬送、現地での復旧作業等)をした場合は、ロードサービス費用として27,500円を請求されます。
※事故の場合、補償制度に基づきてん補します。ただし、保険・補償の適用外となる場合は、上記ロードサービス費用を請求されます。

安心補償サービス

タイムズカーシェア利用中の事故や汚損等によって、NOCや実費を負担しなければなりませんが、安心補償サービスに加入していれば費用が免除となります。

しかし、加入していてもすべてが免除となる訳ではありません。

以下の6種類のみ免除となります。

  1. 事故を起こしてしまった場合のNOC(2万円および5万円)
  2. タイヤがパンクした場合(実費金額)
  3. バッテリー上がり(利用中に発生した場合の実費金額)
  4. キーのインロック(出動・作業が発生した場合の実費金額)
  5. ガス欠(利用中に発生した場合の実費金額)
  6. レッカー等の搬送費用(対象に関わるもの)
加入料金330円/利用

TCP安心補償サービスへの加入は、マイページの「ご登録情報の確認」より設定します。

予約登録完了後も、利用開始時間の1分前まではTCP安心補償サービスの加入・未加入が変更できますので、直前まで悩んでも問題ありません。

しかし、利用開始後には加入の申し込みが出来ません。

また、その他、貸渡約款に掲げる事項に違反がある場合は、保険・補償の適用が出来ませんので注意しましょう。

駐車違反について

会員が利用中に放置駐車違反をしたにも関わらず、警察へ出頭しない、または警察へ出頭しても反則金を支払わない場合には、タイムズ社が道路交通法第51条の4第4項の放置違反金納付命令に基づき放置違反金を納付します。

タイムズ社が放置違反金を納付した場合、タイムズ社が放置駐車違反をした会員の探索に要する費用もしくは車両の移動・保管・引取り等に要する費用を負担した場合、都道府県公安委員会より車両の使用制限(運転禁止)を受けた場合には、それぞれ以下の費用が請求されると同時に、会員資格が取り消されます。

①タイムズ社が放置違反金を納付した場合

 30,000円
※納付した放置違反金相当額と駐車違反違約金の合計額として上記金額を申し受けます(放置駐車違反違約金は、30,000円と放置違反金の差額相当額とします)。

②タイムズ社が下記費用を負担した場合

 会員の探索または車両の移動、保管、引取り等に要した費用相当額

③都道府県公安委員会より車両の使用制限(運転禁止)を受けた場合

 使用制限により、営業を行うことのできない期間の営業補償費用

ガソリン・洗車代

レンタカーとは違って、カーシェアの場合は「車に乗ってみたらガソリンが少ない」なんてこともあるでしょう。

タイムズカーシェアの会社の方が定期的にガソリンの補充をしていますが、間に合わない場合もあります。

タイムズカーシェアでは、燃料計が半分程度に減ったら、車内に設置している専用の給油カードを使って給油をお願いしています。

さらに、車の汚れが気になる場合は水洗い洗車もあわせてお願いしています。

給油や水洗い洗車を行うと、お得な料金割引が受けられますので、エンジンをかけたらガソリンの残量の確認を忘れずにしましょう。

また、給油や洗車が可能なガソリンスタンドであるかは、前もって確認しておくことが大切です。

内容割引内容
給油20リットル以上の給油30分の料金割引
水洗い洗車水洗い洗車をした場合30分の料金割引
給油+水洗い洗車20リットル以上の給油+水洗い洗車60分の料金割引

注意点

※水洗い洗車をした場合は、利用時間内に専用フリーダイヤルまで連絡をしなければならない。
※洗車について、一部ガソリンスタンドでは専用給油・洗車カードを利用できない場合があります。
※給油は自動検知をしていますが、一部非対応車種(MINI等)があるので、それらの車種への給油をした場合は利用時間内に専用フリーダイヤルまで連絡をしなければならない。

詳細はこちら

タイムズカーシェア利用方法のホームページはこちら

実際に利用する場合は、下記のホームページから最新情報を確認して下さい。

https://share.timescar.jp/use/

まとめ

今回はタイムズカーシェアの法人利用のメリットについて説明してきました。

  1. ガソリン代・保険料込みで最短15分/220円から利用可能。
  2. 利用料金は、予約開始時間から「返却手続き完了」までの「実際に使った時間」のみ。
  3. 「クルマの運転見える化サービス」で運転者の傾向を確認し事故リスクを回避。
  4. 事務所に寄らずに従業員の自宅周辺のカーシェアを利用し、客先に直行し自宅に直帰することが可能。
  5. 社用車が不足した際に「タイムズカーシェア」を利用することでコスト抑制可能。
  6. システムメンテナンス等で夜間だけ利用の場合、会社で待機することなく自宅付近のカーシェアステーションで出発・返却が可能

「カーリース」と「レンタカー」に加え、種々のメリットの有る新しい車の利用の形態「カーシェア」をうまく利用し、事業の効率化を行ってみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人

CARティーチャー

車好きな者達が集まって作っているサイトです。 こんな情報が欲しいなど、どんどんコメントいただければ幸いです。

-カーシェア

© 2022 知って得するカーメディア CARティーチャー