スマートパーキングを利用する前に確認するべき3つの事

      2018/06/22

スマートパーキング

駐車場もシェアする時代になっていますよね。

駐車場シェアと言えば「akippa」や「軒先パーキング」などを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、「スマートパーキング」はご存知でしょうか。

スマートパーキングは創業地である名古屋がメインだと思われがちですが、そんなことはありません。東京や大阪などの都市部でも駐車場を展開しています。

しかし、スマートパーキングはどんなサービスなのか、料金体系や注意点などこの記事を読めば全て分かるぐらい、詳しく調べてみました。

是非、ご覧ください。

スマートパーキングとは

スマートパーキング

スマートパーキングは、愛知県名古屋市に本社を構える株式会社シードが運営する駐車場シェアサービスです。

2016年3月から地元である名古屋を中心にサービスを開始しました。

現在は、名古屋だけではなく、東京や大阪などの都市部はもちろん、その他全国までサービスを拡大しています。

スマートパーキングは、他の駐車場シェアサービスと何が違うのか、ずばり以下の3つになります。

  • 通常のコインパーキングと同じように使用
  • 現在の利用料金が確認ができる
  • 電子マネーポイント(nanaco・WAON・Edy)に交換できる。

駐車場シェアサービスは、基本的に1日単位や時間単位で事前に予約をすることになりますが、スマートパーキングは事前に予約をするわけではなく「事前に空車か確認できるコインパーキング」であると認識しても良いでしょう。

スマートパーキングを利用する前に確認するべき3つの事

1.無料会員登録(ユーザー登録)

スマートパーキングを利用しようと思っても、まずは無料の会員登録をしなければいけません。

スマートパーキングでは、会員登録が3つありますので、以下をご覧ください。

  • ユーザー登録:駐車場を借りる個人
  • オーナー登録:駐車場を貸すオーナー
  • 法人月払いユーザー登録:法人で登録したい場合

ここでは、駐車場を借りたい個人さんのユーザー登録についてご紹介していきます。

パソコンでもユーザー登録は可能ですが、駐車場の検索がスマホでしか出来ないので、スマホでユーザー登録をしてみましょう。

アプリインストール

スマートパーキング

アプリをインストールします。

iphoneでもandroidでも、どちらも対応しておりますので、ご安心ください。

アプリ詳細
  • 価格:無料
  • 評価:3.6
  • インストール数:1万~5万
  • レビュー数:74

Google Play で手に入れようAppStoreで入手

ユーザー登録

ユーザー登録

アプリを起動すると、もしかしたら名古屋が表示されるかもしれませんが、そのあたりはスルーをするとして、

右上の3本横線を押すと「ログイン」や「ユーザー登録」のボタンが表示されますので、新規の方は、「ユーザー登録」を押します。

ユーザー情報および車両情報入力

ユーザー情報および車両情報入力

メールアドレスやパスワードを入力し、「ナンバー情報も合わせて登録」を押して、ご自身のお車の情報を入力しましょう。

ナンバーを入力しないとスマートパーキングで駐車場の利用をすることが出来ませんので、必ず入力しましょう。

車のナンバーを間違って入力した場合や車両登録後、車の入れ替えによってナンバーが変わった場合などは、ログイン後、右上の歯車より「ユーザー情報の変更」から車両ナンバーを変更してください。

2.利用方法

スマートパーキング使い方

出典:http://smart-parking.jp/lab/how-to-use-smartparking-02/

スマートパーキングが可能な駐車場には、「ビーコーン」と呼ばれるカラーコーン(三角の目印)があります。

この目印を頼りに駐車場所を確認します。

利用方法で注意すべき点は以下になります。

  • 料金は後払い
  • 最大駐車可能時間は48時間(基本)

通常のコインパーキングと同じだと考えればよいですが、今何分ぐらい駐車しているかリアルタイムで確認ができますので、いくらぐらいかかっているのか心配することはありません。

駐車方法や車の出し方は次にご説明いたします。

車の駐車方法

車の駐車方法は、まず事前に「GPS(位置情報)」と「Bluetooth」の設定をONにしておきましょう。

駐車方法は以下になります。

  1. スマートパーキングアプリより利用する駐車場の満車空車情報を確認
  2. 駐車場に到着したら、カラーコーンを車の後方に移動させて駐車
  3. アプリを開いて、駐車した駐車場の「空」ピンを選択
  4. 駐車場情報が出てきたら、確認をして最下部の「入庫する」を選択
  5. スマホを先端部分にあるビーコーン(カラーコーン)に近づける
  6. 「本当に入庫しますか?(課金が発生します)」と表示されたら「はい」を選択
  7. 駐車完了

ビーコーンにスマホを近づけた際に、「距離:」の後に「遠い」「もう少し」などの表示が出れば反応していますので、更に近づけてもらえれば問題ありません。

車の出し方

車の出し方は以下になります。

  1. スマートパーキングアプリを立ち上げる
  2. 画面下に課金情報が表示されているので、「出庫する」を選択
  3. スマホをビーコーン(カラーコーン)に近づけて認証させる
  4. 【クレジットカード・ポイント決済】を選択後、支払い方法を選択し、精算
  5. 精算完了後、車を少し前に移動し、ビーコーン(カラーコーン)を元にあった場所に戻してください

クレジットカードやPaypalの情報は、支払方法を選択後登録できますのでご安心ください。

現金では決済ができませんのでご注意ください。

3.ペナルティ

通常のコインパーキングと同じであると考えて問題ないですが、駐車場が空いていると表示しているのに車が止まっていたり(不正駐車)、車が放置してある場合(放置車両)は、どんなペナルティがあり、見つけた場合にはどうすれば良いか、事前に知っておく必要があると思います。

不正駐車

不正駐車とは

  • 駐車料金を支払わないで、車を駐車スペースから出庫、又は駐車場外へ移動した時
  • 正規の駐車スペース以外の場所へ駐車した時
  • 不正な駐車方法と認めた時

スマートパーキングに対し、駐車料金の他に違約金として50,000円を支払うことになります。

もし、空いている表示の駐車場に車が止まっている場合には、不正駐車かどうかの確認をしましょう。

確認方法は、以下になります。

  1. ビーコーンにスマホをかざす
  2. 駐車場に車が止まっているのに、空車状態になっている
  3. 不正駐車決定
  4. 不正駐車の申請
  5. 不正駐車されている駐車場のピンをタップ
  6. 【不正駐車報告】ボタンをタップ
  7. ページ内の手順にしたがって申請

内容が確認され、不正駐車として認められれば、「300ポイント」が付与されます。

放置車両

放置車両については、車両引き取りの催告をされた日から3ヶ月経過した後で、第三者を立ち会わせて車両の売却、廃棄その他処分をすることになります。

処分をして発生した収入から駐車料金や処分費用などがひかれ、足りなければ所有者に支払いを請求されることになるでしょう。

いずれにしても、時間を越えてしまう場合や何かトラブルが起きた場合には、すぐにスマートパーキングへ連絡することをお願いいたします。

まとめ

スマートパーキングについていかがでしたでしょうか。

まだまだ名古屋がメインとなっていますが、コインパーキングの空き状況と周辺相場より料金が安いのはとても魅力的だと思います。

駐車場シェアサービスは、「akippa」や「軒先パーキング」が、どうしても頭一つ抜け出してはいますが、スマートパーキングもとても便利なサービスですので、今回ご紹介した内容を確認していただき、有効に使っていただければ幸いです。

ikikuru

無料買取一括査定

無料買取一括査定ランキング

第1位 かんたん車査定ガイド
入力45秒!簡単・人気急上昇中の一括査定

簡単入力で最大10社に一括で見積依頼。
中古車の買取一括査定の決定版!
入力後、すぐに査定概算価格が表示されます。
詳細ページ
第2位 カーセンサー
皆さんご存知!カーセンサー運営の一括査定

加盟業者数が多い。
最大11社からの見積もりが可能。
メールでの連絡も選べる(※電話連絡はあります)。
詳細ページ
第3位 ズバット車買取
全国展開大手の買取業者が多数参加

全国211社から厳選された最大10社に一括で査定依頼。
利用者100万人突破!
査定額が平均16万円以上アップの実績。
詳細ページ

役に立った!
と思われた方はシェアしてください!

 - 駐車場