車の名義変更に必要な書類を知っておけば自分でも手続き可能!

      2018/09/18

名義変更 必要書類

車の名義変更ってなかなか個人ではやらないかもしれません。

しかし、中には親からもらった(譲渡)場合や友達から譲ってもらった場合、ヤフオクなどで車を購入して自分で名義変更しないといけない場合などがあるかもしれません。

譲ってもらう前にまず知っておかなければいけない事は「どんな書類があるのか?」という事ではないでしょうか。

ここでは、名義変更に必要な書類について、詳しくご紹介したいと思います。

車の名義変更に必要な書類

ずばり、車の名義変更に必要な書類は以下の9つになります。

  1. 車検
  2. 譲渡証明書
  3. 車庫証明
  4. 印鑑証明書
  5. 委任状
  6. 申請書
  7. 手数料納付書
  8. 自動車税・自動車取得税申告書
  9. 実印

それぞれ解説していきます。

1.車検

車検証

車の車内には、必ず車検証があると思います。

車検証の有効期限や所有者欄を確認しておきましょう。

2.譲渡証明書

譲渡証明書

譲渡証明書は、車の名義変更には必ず必要な書類になります。

車を譲ってもらう方(旧所有者)から受け取る書類で、ここで大切なことは「所有者の実印が押されているか」を確認することです。

譲渡人印のところに旧所有者の実印が押されていれば、あとは記入していなくても問題なく、ご自身(新所有者)で間違えないように書くことです。

念のため枠外に訂正印を押してもらえれば、記載内容を間違えた時に変更できますので、可能であれば押してもらうのが良いかもしれません。

3.車庫証明

車庫証明書は、新所有者の方が警察から前もって受け取っておく書類になります。

車庫証明は申請してから約1週間程度かかる場合がありますので、事前に申請をして取得をしておく必要があります。

車庫証明の申請については「車庫証明の取得には4つの書類を準備すれば申請可能だ!」を確認しておくと良いでしょう。

4.印鑑証明書

印鑑証明書

印鑑証明書は、住民登録している市区町村の役場で発行してもらう書類になります。

この印鑑証明書は、「旧所有者と新所有者の両方が必要」になります。

どちらか一方でも不足していたら名義変更は出来ません。

注意すべき点は以下の2つで、

  • 旧所有者の印鑑証明書にある印影と譲渡証明書に押されている印影が間違っていないか
  • 発行後3ヶ月以内のもの

上記を確認しておきましょう。

もし新所有者であるあなたが、印鑑証明書が無いということであれば、すぐに印鑑登録をしに住民登録している市区町村の役場に行きましょう。

5.委任状

委任状

委任状は、旧所有者と新所有者が一緒に新所有者管轄の運輸支局に行くのであれば必要ありませんが、通常は一緒には行かないでしょう。

そこで旧所有者は、自分が行けない代わりに代理で手続きをしてもらうために委任状が必要になります。

新所有者が行くとすれば、「受任者欄」に新所有者の氏名・住所を記入するだけです。

委任者欄に旧所有者の住所・氏名の記載と印鑑が押されているかを確認しましょう。

また、カーショップに名義変更を依頼する場合は、新所有者も委任状が必要となりますのでお忘れなく。

6.申請書

申請書

申請書は、名義変更する当日に、管轄する運輸支局で受け取る書類になります。

以前はこの書類はお金を払って購入していましたが、現在は無料でもらうことが出来ます。

7.手数料納付書

手数料納付書

手数料納付書は、名義変更する当日に、管轄する運輸支局で受け取る書類になります。

名義変更の手続きは「移転登録」という手続きで、登録手数料は「500円」になります。

8.自動車税・自動車取得税申告書

自動車税・自動車取得税申告書

自動車税・自動車取得税申告書は、名義変更する当日に、管轄する運輸支局内にある自動車税事務所で受け取る書類になります。

自動車税・自動車取得税申告書というのは、簡単に言うと「この車の持ち主は私になりますので税金は私へ」と伝える書類ということです。

例えば、自動車税は、年度の途中で移転登録となった場合、旧所有者に課税されることになりますので、新所有者が支払う必要がありません。

おそらく、新所有者はその車を購入した時に月割りで自動車税を支払ったのではないでしょうか。

また、初年度登録から6年以上経過している普通乗用車および4年以上経過している軽自動車の中古車を購入した場合は、自動車取得税はかからない場合が大半です。

しかし高級車であったり、各都道府県によっては7年目以降でも課税される場合もありますので注意して下さい。

9.実印

実印は新所有者の方である本人が管轄する運輸支局へ行く場合、念のため持って行ったほうが良いと思います。

カーショップに依頼をする場合は、当たり前ですが実印を絶対渡してはいけません。

まとめ

名義変更の必要書類について、ご理解していただけましたでしょうか。

実際、車の名義変更をする場合に事前に準備しておく書類は以下の5つであり、申請書などは当日、運輸支局で受け取ることになります。

  1. 車検証
  2. 譲渡証明書
  3. 車庫証明書
  4. 印鑑証明書
  5. 委任状

名義変更は書類さえしっかりと揃っているのであれば、素人でも手続きをすることは可能です。

ただ運輸支局は平日しか手続きが出来ないので、平日に時間が取れる方に限られてしまうのは仕方がないことでしょうか。

激安タイヤ通販の決定版!

タイヤはインチが大きいほど高くつくものです。

激安タイヤをお考えでしたら、 通販実績No1・顧客満足度99.5%の「オートウェイ(AUTOWAY)」がおすすめです。

オートウェイでタイヤを購入するメリットは次の通りです。

  • 年中無休
  • 年間210万本以上のタイヤ販売実績
  • 最短1日~2日の短期納品
  • 送料が全国一律タイヤ1本1,080円(税込)
  • タイヤを直送可能な取付店がある

1941年創業以来、1999年よりタイヤの通信販売を開始してから、通信販売での累計販売本数が1,900万本を販売するオートウェイなら、きっと満足すること間違いなしです。

無料買取一括査定

無料買取一括査定ランキング

第1位 かんたん車査定ガイド
入力45秒!簡単・人気急上昇中の一括査定

簡単入力で最大10社に一括で見積依頼。
中古車の買取一括査定の決定版!
入力後、すぐに査定概算価格が表示されます。
詳細ページ
第2位 カーセンサー
皆さんご存知!カーセンサー運営の一括査定

加盟業者数が多い。
最大11社からの見積もりが可能。
メールでの連絡も選べる(※電話連絡はあります)。
詳細ページ
第3位 ズバット車買取
全国展開大手の買取業者が多数参加

全国211社から厳選された最大10社に一括で査定依頼。
利用者100万人突破!
査定額が平均16万円以上アップの実績。
詳細ページ

役に立った!
と思われた方はシェアしてください!

 - 車庫証明