Loading...
軽自動車専門店レディバグ

新車情報

迷ったら見て!ノアとヴォクシーを比較して分かった6つの違い

2018年1月25日

ノア ヴォクシー

「ノア」や「ヴォクシー」は、ファミリーだけではなく幅広い層に人気がある車種の一つですよね。

「ノア」と「ヴォクシー」のどちらを購入しようか迷っている方も多いかもしれませんが、この2車種は何が違うのかご存知ですか?

「見た目が違う」

こう思っている方は半分正解!

しかし、細かく調べていくと、違う点がいくつか見えてきました。

ここでは、最新の「ノア」と「ヴォクシー」について徹底的に比較してみましたので、中古でも新車でもこれから購入する方は、是非、ご覧ください。

※2018年1月25日に公開した記事ですが、文言等を追記し、その他の部分も修正して2022年1月20日に再度公開しました。

ノアとヴォクシーの6つの違い

ノアとヴォクシーは、燃費、サイズ感など、ほとんどが同じです。

しかし、ノアとヴォクシーには、大きく分けて6つの違いがあることが分かりました。

購入の参考として、ご覧ください。

1.見た目

当たり前かもしれませんが、見た目が大きく違ってきます。

とくに大きく違うのがフロントフェイス部分になります。

1-1.ヘッドライト

ヘッドライト

  • 左写真:ノア
  • 右写真:ヴォクシー

ノアとヴォクシーのヘッドライトは、どちらも同じような感じに見えますが、決定的な違いは「LEDクリアランスランプ」というスモールライトがヘッドライトの上にあるか下にあるかの違いになります。

1-2.フロントグリル

フロントグリル

  • 左写真:ノア(S-Z)
  • 右写真:ヴォクシー

ノアのフロントグリルは、グレードで多少違いはあるものの、メッキグリルを中心に存在感を表しバンパーと一体化しているかのように見えますが、ヴォクシーのフロントグリルはさっぱりとした見た目に仕上がっています。

1-3.フロントバンパー

フロントバンパー

  • 左写真:ノア
  • 右写真:ヴォクシー

フロントバンパーは、ノアのみグレードによって少々異なります。

ノアは、3種類が用意されており、「フォグランプがあるかないか」、「エアロバンカーかノーマルバンパーか」などを考えなければいけません。

2.ボディーカラー

レッドマイカメタリック

出典:https://toyota.jp/noah/grade/?padid=from_noah_top_navi-menu_grade

今回のノア・ヴォクシーは、ボディーカラーの選択肢に差があります。

共通カラーは以下の5つ。

  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • メタルストリームメタリック
  • アティチュードブラックマイカ
  • スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
  • グリッターブラックガラスフレーク

次に、ノア、ヴォクシーで違うカラーは以下です。

  • ノア:レッドマイカメタリック、スティールブロンドメタリック
  • ヴォクシー:マッシブグレー

ノアは、カラーが多いですが、グレードによって選択できないカラーがありますので注意が必要です。

ヴォクシーの場合、やはりブラック系が人気のようです。

ノアヴォクシー
ホワイトパールクリスタルシャイン
メタルストリームメタリック
アティチュードブラックマイカ
スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
グリッターブラックガラスフレーク
レッドマイカメタリックマッシブグレー
スティールブロンドメタリック-

3.内装色

  • ノア(左):ダークブラウン
  • ヴォクシー(右):ブラック

ノアとヴォクシーの内装色は、基本的にブラックとなります。

しかし、ノアのみグレードによっては上記のような内装色へ注文前に変更することが出来ます。

  • Z:ダークブラウン
  • G:フロマージュ

4.グレード数

今回、ノアとヴォクシーでは、グレードの数に差があります。

ノアの場合、ハイブリッド車は13グレード、ガソリン車は16グレードにもなります。

一方で、ヴォクシーの場合は、ハイブリッド車5グレード、ガソリン車6グレードと少なめです。

ノアヴォクシー
HYBRID S-Z 2WD(7人乗り)
HYBRID Z 2WD(7人乗り)-
HYBRID S-G 2WD(7人乗り)
HYBRID S-G 2WD(8人乗り)
HYBRID G 2WD(7人乗り)-
HYBRID G 2WD(8人乗り)-
HYBRID X 2WD(7人乗り)-
HYBRID X 2WD(8人乗り) 
HYBRID S-Z E-Four(7人乗り)
HYBRID Z E-Four(7人乗り)-
HYBRID S-G E-Four(7人乗り)
HYBRID G E-Four(7人乗り)-
HYBRID X E-Four(7人乗り)-
S-Z 2WD(7人乗り)
S-Z 4WD(7人乗り)
Z 2WD(7人乗り) 
Z 4WD(7人乗り) 
S-G 2WD(7人乗り)
S-G 4WD(7人乗り)
S-G 2WD(8人乗り)
S-G 4WD(8人乗り) 
G 2WD(7人乗り) 
G 4WD(7人乗り) 
G 2WD(8人乗り) 
G 4WD(8人乗り) 
X 2WD(7人乗り) 
X 4WD(7人乗り) 
X 2WD(8人乗り) 
X 4WD(8人乗り) 

5.価格

意外と気にしていない方もいらっしゃるかもしれませんが、今回のノア、ヴォクシーでは、同じグレードでも価格に差があります。

グレードノアヴォクシー
HYBRID S-Z 2WD(7人乗り)3,670,000円3,740,000円
HYBRID Z 2WD(7人乗り)3,590,000円-
HYBRID S-G 2WD(7人乗り)3,390,000円3,440,000円
HYBRID S-G 2WD(8人乗り)3,390,000円3,440,000円
HYBRID G 2WD(7人乗り)3,320,000円-
HYBRID G 2WD(8人乗り)3,320,000円-
HYBRID X 2WD(7人乗り)3,050,000円-
HYBRID X 2WD(8人乗り)3,050,000円-
HYBRID S-Z E-Four(7人乗り)3,890,000円3,960,000円
HYBRID Z E-Four(7人乗り)3,810,000円-
HYBRID S-G E-Four(7人乗り)3,610,000円3,660,000円
HYBRID G E-Four(7人乗り)3,540,000円-
HYBRID X E-Four(7人乗り)3,270,000円-
S-Z 2WD(7人乗り)3,320,000円3,390,000円
S-Z 4WD(7人乗り)3,518,000円3,588,000円
Z 2WD(7人乗り)3,240,000円-
Z 4WD(7人乗り)3,438,000円-
S-G 2WD(7人乗り)3,040,000円3,090,000円
S-G 4WD(7人乗り)3,238,000円3,288,000円
S-G 2WD(8人乗り)3,040,000円3,090,000円
S-G 4WD(8人乗り)3,238,000円3,288,000円
G 2WD(7人乗り)2,970,000円-
G 4WD(7人乗り)3,168,000円-
G 2WD(8人乗り)2,970,000円-
G 4WD(8人乗り)3,168,000円-
X 2WD(7人乗り)2,670,000円-
X 4WD(7人乗り)2,868,000円-
X 2WD(8人乗り)2,670,000円-
X 4WD(8人乗り)2,868,000円-

6.新車販売台数

日本自動車販売協会連合会の情報によれば、2021年1年間の新車販売台数がありました。

  • ノア:44,211台
  • ヴォクシー:70,085台

となっており、ヴォクシーが約2.5万台ほど多く販売されたことが分かります。

数字から判断するとヴォクシーのほうが人気があるのでしょうか。

新車見積サイトのご紹介

新車購入の場合、いきなりディーラーに来店するのは、何かと不安があるかもしれません。

そこで、インターネットでまずは新車の見積ができればうれしいですよね。

ここでは、ネットで新車の見積が取得できる便利なサイトをご紹介いたします。

オートックワン

オートックワンで新車を見積る

オートックワンは、月間の見積件数約65,000件、全国のディーラー4,000店舗が加盟している新車見積サイトです。

見積をしても、電話連絡が無く、メールで結果が通知されるので、しつこいかもと心配される勧誘はありません。

まずは、見積もりを取り、それから値段交渉ですね。

出典:新車の無料見積ならオートックワン!

中古車見積サイトのご紹介

中古車は、年式、走行距離、などによって価格が変わり、毎月のように変動します。

中古車を購入するのであれば、以下の順番を取ると良いでしょう。

  1. 中古車の検索サイトから欲しい車を選択
  2. 相場価格を確認
  3. 諸経費の確認(予算)
  4. 現車を確認

ここでは、このサイトを確認しておけば大体の相場が分かる見積サイトをご紹介いたします。

1.カーセンサー

カーセンサー

カーセンサー」は、リクルートが運営する中古車情報のサイトです。

中古車検索や中古車販売など、全国の中古車が様々な条件で検索可能です。

人気の中古車ランキングや中古自動車の相場表も完備しています。

現在、377,320台の情報が登録されていますので、是非、確認してみましょう。

カーセンサーで中古車を探す☟

出典:カーセンサー

2.Goo-net

Goo-net

業界最大級の中古車情報誌Gooが運営する「中古車ならgoo-net(グーネット) 」です。

中古車掲載台数も年々増え続けています。

中古車だけではなく、新車、自動車に関する情報も豊富ですので確認してみましょう。

goo-netで中古車を探す☟

出典:中古車ならgoo-net(グーネット)

まとめ

ノアとヴォクシーについては、いかがでしたでしょうか。

ノアとヴォクシーで悩んでいるのであれば、性能、車幅、車長など同じ車種ですので、結論は、見た目で選ぶしかないでしょう。

試乗できる販売店もありますので、実車を確認し、自分のフィーリングにあったほうを選んでみてください。

激安タイヤ通販の決定版!

タイヤはインチが大きいほど高くつくものです。

激安タイヤをお考えでしたら、 通販実績No1・顧客満足度99.5%の「オートウェイ(AUTOWAY)」がおすすめです。

オートウェイでタイヤを購入するメリットは次の通りです。

  • 年中無休
  • 年間210万本以上のタイヤ販売実績
  • 最短1日~2日の短期納品
  • 送料無料!(沖縄のみ1本500円(税別)
  • タイヤを直送可能な取付店がある

1941年創業以来、1999年よりタイヤの通信販売を開始してから、通信販売での累計販売本数が1,900万本を販売するオートウェイなら、きっと満足すること間違いなしです。

タイヤ・ホイール通販の決定版!

どんなタイヤが良いのか、ホイール選びが難しいって考えていませんか!

そんな考えをお持ちなら通販から実店舗まで構える「フジ・コーポレーション」がおすすめです。

フジ・コーポレーションは、タイヤはもちろんホイールからドレスアップパーツまで揃ってしまうカー用品店です。

フジ・コーポレーションでタイヤやホイールを購入するメリットは次の通りです。

  • サマータイヤ&アルミホイール4本セットで下取り可能(店舗限定)
  • ネットで購入なら宇佐美SSで取付可能(タイヤ&ホイールセット)
  • タイヤパンク保証
  • 北海道から近畿までの実店舗(46店舗)
  • 何といっても品揃えが豊富

中でも、ご自身の車にお好きなホイールをフィッティングさせ、確認しながらホイール選びが出来る「ホイールシミュレーター」はおすすめです。

無料買取一括査定

無料買取一括査定ランキング

第1位 かんたん車査定ガイド
入力45秒!簡単・人気急上昇中の一括査定

簡単入力で最大10社に一括で見積依頼。
中古車の買取一括査定の決定版!
入力後、すぐに査定概算価格が表示されます。
詳細ページ
第2位 カーセンサー
皆さんご存知!カーセンサー運営の一括査定

加盟業者数が多い。
最大11社からの見積もりが可能。
メールでの連絡も選べる(※電話連絡はあります)。
詳細ページ
第3位 ズバット車買取
全国展開大手の買取業者が多数参加

全国211社から厳選された最大10社に一括で査定依頼。
利用者100万人突破!
査定額が平均16万円以上アップの実績。
詳細ページ
  • この記事を書いた人

CARティーチャー

車好きな者達が集まって作っているサイトです。 こんな情報が欲しいなど、どんどんコメントいただければ幸いです。

-新車情報

© 2022 知って得するカーメディア CARティーチャー