4ナンバーの車検費用を比較して分かった4つのメリット・デメリット

      2019/12/25

4ナンバー 車検

車をお持ちの方ならご存知の車検ですが、ほとんどの方は「車検は2年に1回」と思っている事でしょう。

しかし、それは3ナンバーや5ナンバーなどの普通乗用車に該当します。

軽トラックやハイエースバンなどは、ナンバープレートに4という数字がある、いわゆる「4ナンバー」が取付けられているのを見かけた事もあるかもしれません。

その4ナンバーの車検は、ずばり「1年ごとに車検を受けなければいけない!」と言う事なのです。

※普通車新車登録時は2年の車検になりますが、営業用(事業用)の場合は、新車登録時も1年の車検となります。また、4ナンバー軽自動車の場合は、自家用、営業用問わず、新車登録、継続検査(2回目以降の車検)ともに2年の車検となります。

ここでは、4ナンバーについてメリット・デメリット含め、車検についてもご紹介したいと思います。

4ナンバーの定義

軽トラ

皆さんは4ナンバーが何となく好きだからとかラッキー数字だからといって、好き勝手に4ナンバーを取得できる訳ではありません。

また、4ナンバーは運転手以外乗ってはいけないんでしょ、なんて事もないです。

4ナンバーは、「小型貨物自動車」に分類され、以下のような定義がありますので、ご確認ください。

  • 全高2.0m以下
  • 全幅1.7m以下
  • 全長4.7m以下
  • 総排気量2,000cc以下(ディーゼル車は無制限)
  • 乗車部分と貨物部分との間に仕切りや壁がある
  • 乗車面積より貨物面積の方が広い

条件が多すぎて難しいと思われるかもしれませんが、そんな事はありません。

例えば、トヨタ車でご紹介してみると以下の3車種は、いずれも4ナンバーで登録する事が可能と言う事です。※他にもあります。

車名 排気量 使用燃料 全長 全幅 全高
ピクシストラック 0.658L レギュラー 3,395mm 1,475mm 1,780mm
ライトエースバン 1,495L レギュラー 4,045mm 1,665mm 1,900mm
ハイエースバン 2,754L  軽油 4,695mm 1,695mm 1,980mm

4ナンバーの車検費用を比較して分かった4つのメリット・デメリット

一般的には4ナンバーは、荷物を運ぶ商用車として登録をされていると思います。

ナンバーが付いているということは、必ず車検をする時期が来るということですが、4ナンバーの場合の車検費用ってどうなるのかを知っておくと良いでしょう。

車検でかかる費用と言えば、ご自身で運輸支局に持ち込んで車検を受ける「ユーザー車検」以外であれば、以下の3つの車検費用がかかります。

  • 法定費用:自動車重量税・自賠責保険料・検査手数料のことで、どの車でも必ずかかる費用
  • 点検費用:業者の売り上げ。点検費用・整備費用・代行手数料・検査料と様々な言い方があります
  • 消耗品交換代:ヘッドライト電球やブレーキランプ等の交換など消耗品の交換(※業者によっては点検費用に含む場合がある)

上記をふまえ、メリットやデメリットをお伝えいたします。

デメリット

1.1年車検

4ナンバーの車検で最大のデメリットは「1年ごとの車検」と言えます。

4ナンバーの普通車を新車で購入する場合、新車購入時は2年の車検が付きますが、それ以降は1年ごとの車検になるのです。

さらに営業用(事業用)の場合には、新車でも登録は1年の車検しか付いておらず、毎年車検が来ると思うと、やはりデメリットと言えるでしょう。

また、軽自動車の4ナンバーは、新車登録や継続検査(2回目以降の車検)問わず、「2年毎の車検」になります。

3ナンバー、5ナンバーなどの普通車は2年に1回の車検に対し4ナンバーの車は、1年の車検になるので、費用もかかるのではないかと思われる方も多いと思います。

どれくらいの費用に違いが出るのか検証してみたいと思います。

軽4(自家用)

項目 軽トラ(4ナンバー) 軽自動車(5ナンバー)
車検期間 2年 2年
点検費用 13,200円 13,200円
代行手数料 14,300円 14,300円
自賠責(24ヶ月) 29,470円 25,070円
重量税(2年) 5,200円 6,600円
印紙代 1,700円 1,100円
消耗品 - -
合計費用 63,870円 60,270円

上記価格は、オートバックスの車検情報より抜粋したもので、初度登録後13年未満の「平成27年度燃費基準”未”達成車」を基準としました。

点検費用や代行手数料は、カーショップの手数料になるので、費用にばらつきがあると思いますので、ご自身が車検を受けるカーショップへ手数料を問い合わせてみて下さい。

軽自動車の場合は1年車検ではないですが、軽の4ナンバーと軽の5ナンバーを比較した場合、点検費用が同一価格であれば、「3,600円」程、軽4ナンバーの方が高いことが分かります。

ハイエースバン(自家用)

項目 ハイエースバン(4ナンバー) ハイエース(3ナンバー)
車検期間 1年 2年
点検費用 13,200円 15,290円
代行手数料 11,000円 14,300円
自賠責 17,350円 25,830円
重量税 12,300円 32,800円
印紙代 1,200円 1,200円
消耗品 - -
合計費用 55,050円 89,420円

上記価格は、オートバックスの車検情報および車検館の車検費用より抜粋したもので、初度登録後13年未満の「平成27年度燃費基準”未”達成車」を基準としました。

点検費用や代行手数料は、カーショップの手数料になるので、費用にばらつきがあると思いますので、ご自身が車検を受けるカーショップへ手数料を問い合わせてみて下さい。

上記を見るとハイエースバン(4ナンバー)のほうが安いじゃない!と思われるかもしれませんが、4ナンバーの車検は1年毎です。

従って55,050円×2年=110,100円がかかる計算となり、20,680円も多く支払う事になります。

また、1年に1回の車検ですから、あっという間に車検がきてしまう事もデメリットと言えるでしょう。

2.自賠責保険料

車検時には、必ず自賠責保険料がかかります。

普通車の場合、基本2年に1回の車検ですから24ヶ月「25,830円」の自賠責保険料を支払うのに対し、4ナンバーの場合、新車登録時は2年、それ以降は1年ごとに車検となるので24ヶ月で計算した場合「29,470円」と3,640円多く支払う事になります。

したがって、普通車および軽自動車より4ナンバーの方が自賠責保険料が高いという事です。

  4ナンバー自家用 4ナンバー営業用 普通車 軽自動車
12ヶ月 17,350円 24,290円 15,520円 15,130円
13ヶ月 18,360円 25,870円 16,380円 15,960円
24ヶ月 29,470円 43,220円 25,830円 25,070円
25ヶ月 30,460円 44,760円 26,680円 25,880円

メリット

1.自動車税

4ナンバーの最大のメリットは「自動車税が安い!」事があげられます。

自動車税は、毎年4月1日時点での車検証上の所有者に課せられる税金で、5月ぐらいに納付書が届きます。

法定費用ではないですが、納税をしていなければ、車検は受けられません。

自動車税は「自動車の種類、用途、排気量など」によって金額が決まりますが、4ナンバーの場合は「最大積載量」で税額が決まるのです。

小型貨物自動車の自動車税は以下になります。

  自家用貨物 営業用貨物
軽自動車 5,000円 3,800円
1t以下 8,000円 6,500円
1t~2t以下 11,500円 9,000円
2t~3t以下 16,000円 12,000円
3t~4t以下 20,500円 15,000円
4t~5t以下 25,500円 18,500円

最大乗車定員が4人以上の車については、貨客兼用車として総排気量に応じて以下の金額になります。(この場合の積載量は、最大乗車定員が乗車した時の積載量)

貨客兼用車
最大積載量 総排気量 自家用 営業用
1t以下 1L以下 13,200円 10,200円
1L超~1.5L以下 14,300円 11,200円
1.5L超 16,000円 12,800円
1t超~2t以下 1L以下 16,700円 12,700円
1L超~1.5L以下 17,800円 13,700円
1.5L超 19,500円 15,300円
2t超~3t以下 1L以下 21,200円 15,700円
1L超~1.5L以下 22,300円 16,700円
1.5L超 24,000円 18,300円

軽自動車の自動車税は、自家用であれば「10,800円」、営業用「6,900円」ですが、4ナンバーの軽自動車は自家用「5,000円」と年間5,800円も安くなります。

2.重量税

1年自家用
車両総重量 右以外 13年経過 18年経過
1t以下 3,300円 4,100円 4,400円
~2t 6,600円 8,200円 8,800円
~2.5t 9,900円 12,300円 13,200円
~3t 12,300円 17,100円 18,900円
~4t 16,400円 22,800円 25,200円
~5t 20,500円 28,500円 31,500円
~6t 24,600円 34,200円 37,800円
~7t 28,700円 39,900円 44,100円
~8t 32,800円 45,600円 50,400円
1年事業用
車両総重量 右以外 13年経過 18年経過
1t以下 2,600円 2,700円 2,800円
~2t 5,200円 5,400円 5,600円
~2.5t 7,800円 8,100円 8,400円
~3t 7,800円 8,100円 8,400円
~4t 10,400円 10,800円 11,200円
~5t 13,000円 13,500円 14,000円
~6t 15,600円 16,200円 16,800円
~7t 18,200円 18,900円 19,600円
~8t 20,800円 21,600円 22,400円
検査対象軽自動車
  右以外 13年経過 18年経過
2年自家用 6,600円 8,200円 8,800円
2年事業用 5,200円 5,400円 5,600円

3,5ナンバーの重量税は「車両重量」で税額が決まるのに対し、4ナンバーの重量税は「車両総重量」で税額が決まります。

一方で、軽自動車は車両総重量ではなく、自家用なのか事業用なのかで分かれているだけです。

さらに、重量税は年式が古くなればなるほど税額が加算されますし、燃費が良い車はエコカーとして重量税額が優遇されます。

4ナンバーの重量税もエコカーの優遇がありますが、「車検日時点で初年度登録から13年経過した車か」、「18年以上経過している車か」、「それ以外か」の3つは知っておいて損はないと思います。

仮に、「3ナンバー、13年未満車、車両重量2t以下」の重量税は32,800円(2年分)になりますが、「4ナンバー自家用、13年未満車、車両総重量2t以下」は6,600円

と重量税の金額を比較しても、安いのは明らかです。

普通車の重量税について、もっと詳しく知りたい方は「車検で必要な自動車重量税の9つの税額【超最新版】」をご覧ください。

まとめ

4ナンバーの車検についていかがでしたか。

4ナンバーの場合、1年なんてあっという間に、また次の車検がきてしまいますが、1年毎に点検整備が行われるかと考えれば、安心して使用が出来るとも言えます。

普段の使用で4ナンバーの車を持とうと思う方は少ないと思いますが、今回の記事を参考にしてもらい、メリットやデメリットを再確認してもらえれば幸いです。

激安タイヤ通販の決定版!

タイヤはインチが大きいほど高くつくものです。

激安タイヤをお考えでしたら、 通販実績No1・顧客満足度99.5%の「オートウェイ(AUTOWAY)」がおすすめです。

オートウェイでタイヤを購入するメリットは次の通りです。

  • 年中無休
  • 年間210万本以上のタイヤ販売実績
  • 最短1日~2日の短期納品
  • 送料無料!(沖縄のみ1本500円(税別)
  • タイヤを直送可能な取付店がある

1941年創業以来、1999年よりタイヤの通信販売を開始してから、通信販売での累計販売本数が1,900万本を販売するオートウェイなら、きっと満足すること間違いなしです。

タイヤ・ホイール通販の決定版!

どんなタイヤが良いのか、ホイール選びが難しいって考えていませんか!

そんな考えをお持ちなら通販から実店舗まで構える「フジ・コーポレーション」がおすすめです。

フジ・コーポレーションは、タイヤはもちろんホイールからドレスアップパーツまで揃ってしまうカー用品店です。

フジ・コーポレーションでタイヤやホイールを購入するメリットは次の通りです。

  • サマータイヤ&アルミホイール4本セットで下取り可能(店舗限定)
  • ネットで購入なら宇佐美SSで取付可能(タイヤ&ホイールセット)
  • タイヤパンク保証
  • 北海道から近畿までの実店舗(46店舗)
  • 何といっても品揃えが豊富

中でも、ご自身の車にお好きなホイールをフィッティングさせ、確認しながらホイール選びが出来る「ホイールシミュレーター」はおすすめです。

無料買取一括査定

無料買取一括査定ランキング

第1位 かんたん車査定ガイド
入力45秒!簡単・人気急上昇中の一括査定

簡単入力で最大10社に一括で見積依頼。
中古車の買取一括査定の決定版!
入力後、すぐに査定概算価格が表示されます。
詳細ページ
第2位 カーセンサー
皆さんご存知!カーセンサー運営の一括査定

加盟業者数が多い。
最大11社からの見積もりが可能。
メールでの連絡も選べる(※電話連絡はあります)。
詳細ページ
第3位 ズバット車買取
全国展開大手の買取業者が多数参加

全国211社から厳選された最大10社に一括で査定依頼。
利用者100万人突破!
査定額が平均16万円以上アップの実績。
詳細ページ

役に立った!
と思われた方はシェアしてください!

 - 車検