Loading...
軽自動車専門店レディバグ

スタッドレスタイヤ

グッドイヤーのオールシーズンタイヤは冬用タイヤ規制可能!

2021年1月14日

グッドイヤー オールシーズンタイヤ

東京みたいに、ほとんど雪が降らない地域だとスタッドレスタイヤなんて見向きもされませんが、そんな地域は、ちょっと雪が降ったら大慌てですよね。

そこで車をお持ちの皆さんが気になるのが「オールシーズンタイヤ」と言う種類のタイヤではないでしょうか。

いくつかの販売メーカーがありますが、中でもグッドイヤーのオールシーズンタイヤは、カー用品店でも多く見られるタイヤの一つです。

ここでは、そんなグッドイヤーのオールシーズンタイヤについて詳しく調べてみましたので、ご覧ください。

グッドイヤーとは

グッドイヤーとは

出典:https://www.goodyear.co.jp/

グッドイヤー(GOOD YEAR)は、1898年、米国オハイオ州で始まりました。

オハイオ州のアクロンとルクセンブルグにはイノベーションセンターがあり、最先端の製品とサービスを日々研究しています。

また、アメリカケンタッキー州にあるへブロン、中国の大連、ドイツのハーナウには、開発センターを設け、110年以上にわたってタイヤ・ゴム業界の先駆けとして歩んできています。

グッドイヤーをご存知の方は、もしかしたら「ウイングフット」というシンボルマークをイメージする方もいらっしゃるかもしれません。

「靴のかかと部分に羽が生えた」マークは、古代ローマ神話の神であるメルクリウス(英語名:マーキュリー)が由来していると言います。

メルクリウスは、商業の神であって、風のように伝達を送る者として語り継がれていますが、グッドイヤーのロゴは、いろんな思いがあるロゴである感じがします。

一方で日本では、日本グッドイヤー株式会社が1952年に設立されました。

全国の主要都市(東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、北陸、広島、福岡など)に販売拠点がありますが、その他にも、カーディーラー、カー用品店、ガソリンスタンド等、グッドイヤーのタイヤを取り扱う場所はたくさんあります。

冬用タイヤ規制とチェーン規制について

皆さんは、「冬用タイヤ規制」と「チェーン規制」についての違いをご存じでしょうか。

簡単に言うと以下になります。

  • 冬用タイヤ規制:スタッドレスタイヤ、タイヤチェーンの装着をして走行しないといけない
  • チェーン規制:タイヤチェーンの装着をして走行しないといけない

冬用タイヤ規制は、スタッドレスタイヤもしくはタイヤチェーンの装着をして走行すれば良いのですが、チェーン規制は、スタッドレスタイヤだけではなく、さらにチェーンを装着して走行しなければいけないという事です。

また、冬用タイヤ規制、チェーン規制も最高速度が時速50kmに制限されます。(一部例外あり)

チェーンを装着して50km以上のスピードなんて、危なくて出せないですけどね。

どの規制ならオールシーズンタイヤは可能なのか

では、オールシーズンタイヤは、「冬用タイヤ規制」「チェーン規制」の規制が出た場合、対応しているのでしょうか。

オールシーズンタイヤが雪道でも走行可能という証明の刻印がされているかをまず確認しましょう。

その刻印とは「スノーフレークマーク」と呼ばれるものです。

ATSM(米国試験材料協会)規格において、厳しい寒冷地でも十分な性能を生かすことが認められた証です。

刻印されているタイヤは、「冬用タイヤ規制時」も通行が出来ます。

オールシーズンタイヤのタイヤ側面に刻印されているので確かめてみて下さい。

したがって、スノーフレークマークが刻印されているオールシーズンタイヤは、「冬用タイヤ規制」では走行可能です。

しかし、「チェーン規制」では、オールシーズンタイヤにチェーンを装着して走行しなければいけないという事を覚えておきましょう。

グッドイヤーのオールシーズンタイヤ2選

現在、グッドイヤーでオールシーズンタイヤは「2種類」販売されています。

グッドイヤーのオールシーズンタイヤは、冬用タイヤ規制走行可能な「スノーフレークマーク」がもちろん刻印されていますのでご安心下さい。

それでは、それぞれ特徴等ご紹介していきます。

1.Vector 4Seasons Hybrid

Vector 4Seasons Hybrid

Vector 4Seasons Hybrid(ベクター フォーシーズンズ ハイブリッド)は、グッドイヤーの代表的なオールシーズンタイヤで2016年から発売されている製品です。

コンパクトカー、ワゴン、セダン、ミニバンまで、あらゆる車種に使用可能。

性能については、タイヤ種類毎の比較表がありましたので、ご紹介します。

※性能を保証するものではなく、速度等、雪道での運転には十分ご注意してください。

路面状態スタッドレスタイヤVector 4Seasons Hybrid夏用タイヤ
通常路面ドライ
ウェット
積雪路面シャーベット×
圧雪×
アイスバーン×

オールシーズンタイヤは、アイスバーンでは効果を発揮しないと思った方が良いと思いますし、過信をしてはいけません。

スキーに行くような方は、オールシーズンタイヤではなくスタッドレスタイヤを選ばないといけませんよ。

Vector 4Seasons Hybridは、13インチから18インチまでのタイヤサイズがありますので、ほとんどの車のサイズがあると思います。

Vector 4Seasons Hybridのタイヤ価格

タイヤ価格の参考として、Amazonや楽天、オートウェイ等からサイズを厳選してお伝えいたします。

タイヤサイズ参考価格(1本)
225/50R18 95H28,415円
215/50R17 95H XL27,845円
215/65R16 98H15,100円
205/60R16 92H15,490円
185/65R15 84H11,740円
175/65R15 84H10,490円
155/65R14 75H7,835円
155/70R13 75H8,254円

※すべてのタイヤサイズをご紹介していません。

2.Assurance WeatherReady

Assurance WeatherReady

Assurance WeatherReady(アシュアランスウェザーレディ)は、グッドイヤーが考えたミニバン・SUV向けのオールシーズンタイヤです。

Vector 4Seasons Hybridですと、ミニバンやワゴンにも対応していますが、Assurance WeatherReadyは、ミニバン・SUV専用!

Assurance WeatherReadyは、トレッド面がV状であったのに対し、スタッドレスタイヤに近いトレッド面がAssurance WeatherReadyだと思います。

タイヤサイズは、15インチから20インチまでと、SUVを対象としている事が伺えます。

取り寄せ商品となるようですので、購入検討の方は早めに注文をしないといけないですね。

Assurance WeatherReadyのタイヤ価格

タイヤ価格の参考として、Amazonや楽天、オートウェイ等から厳選してお伝えいたします。

タイヤサイズ参考価格(1本)
235/55R20 102H31,400円
235/55R19 101V29,540円
235/55R18 100V27,720円
225/55R18 98V26,900円
215/60R17 96H22,530円
215/65R16 98H19,800円
195/65R15 91H17,990円

※すべてのタイヤサイズをご紹介していません。

まとめ

グッドイヤーのオールシーズンタイヤについて、いかがでしたか。

とくに東京などの都市部では雪が降るか降らないか、降っても積もらない、もしくは出かけた時に雪が降ってきてしまった、こんな場合には、とても便利なタイヤであることは間違いありません。

サマータイヤのおまけだと思えばいいですし、グッドイヤーのオールシーズンタイヤは口コミも良かったのでおすすめです!

激安タイヤ通販の決定版!

タイヤはインチが大きいほど高くつくものです。

激安タイヤをお考えでしたら、 通販実績No1・顧客満足度99.5%の「オートウェイ(AUTOWAY)」がおすすめです。

オートウェイでタイヤを購入するメリットは次の通りです。

  • 年中無休
  • 年間210万本以上のタイヤ販売実績
  • 最短1日~2日の短期納品
  • 送料無料!(沖縄のみ1本500円(税別)
  • タイヤを直送可能な取付店がある

1941年創業以来、1999年よりタイヤの通信販売を開始してから、通信販売での累計販売本数が1,900万本を販売するオートウェイなら、きっと満足すること間違いなしです。

無料買取一括査定

無料買取一括査定ランキング

第1位 かんたん車査定ガイド
入力45秒!簡単・人気急上昇中の一括査定

簡単入力で最大10社に一括で見積依頼。
中古車の買取一括査定の決定版!
入力後、すぐに査定概算価格が表示されます。
詳細ページ
第2位 カーセンサー
皆さんご存知!カーセンサー運営の一括査定

加盟業者数が多い。
最大11社からの見積もりが可能。
メールでの連絡も選べる(※電話連絡はあります)。
詳細ページ
第3位 ズバット車買取
全国展開大手の買取業者が多数参加

全国211社から厳選された最大10社に一括で査定依頼。
利用者100万人突破!
査定額が平均16万円以上アップの実績。
詳細ページ
  • この記事を書いた人

CARティーチャー

車好きな者達が集まって作っているサイトです。 こんな情報が欲しいなど、どんどんコメントいただければ幸いです。

-スタッドレスタイヤ

© 2021 知って得するカーメディア CARティーチャー