大手ショッピングサイトから厳選した人気ジュニアシートTop10

      2016/11/24

ジュニアシート 人気

チャイルドシートを購入する時も悩んだかと思いますが、そろそろジュニアシートに買い替えようと思っているけど、どれにしようか迷っていませんか?

そんな時、最新の人気ジュニアシートは知りたいところですよね。

そこで、最新のジュニアシートを下記サイトからまとめてみました。

楽天:国内最大ネットショッピングモールAmazon:世界最大ネットショップ 価格.com:国内最大のネット比較検索サイト
アカチャンホンポ:マタニティ・チャイルド・ベビー用品チェーンストア

それぞれのサイトのジュニアシートランキング上位からしぼりこんでご紹介します。

これから検討される方にも分かりやすく紹介しますので、是非、読んでみてください。(2016年1月21日時点)

最新のジュニアシート人気ランキングTop10

ジュニアシートは『1歳から使用できるもの』と『3歳ごろから使用できるもの』に分けることが出来ます。

また『ブースター』と呼ばれる座面だけのものもあります。

ここでは、ブースターを省き、『1歳から使用できるもの』と『3歳ごろから使用できるもの』の人気ジュニアシートをご紹介します。

1位:ジョイトリップ エアスルー GC

ジョイトリップ エアスルー GC(参考:Amazon:ジョイトリップ エアスルー GC

Amazonランキング1位、価格ドットコムチャイルドシート人気売れ筋ランキング1位、楽天市場ランキング3位の人気ジュニアシートです。

頭の部分が広く、お子さんも外をゆっくりと眺められます。

1歳頃使用する場合は、安心のヘッドサポートがありますのでご心配なく。

これ1台でブースターまでなりますので、体型にあった使い方が出来るので重宝しますよ。

製品詳細

メーカー:コンビ
商品名:ジョイトリップ エアスルー GC
適応年齢:1歳~11歳
本体重量:5.3kg
製品サイズ:幅44cm×奥行45cm×高さ67cm

Amazon販売価格:14,795円

2位:START J3

レカロ スタートJ3(参考:Amazon:START J3

価格ドットコムジュニアシート部門人気売れ筋ランキング1位の商品です。

成長に合わせ背もたれの高さは5段階で調節ができます。

ヘッドサポート裏のレバーを握るだけのワンタッチ操作なので、子どもを乗せたままでも簡単です。

疲れにくい座面を使っているので、快適なドライブが楽しめるジュニアシートです。

製品詳細

メーカー:レカロ
商品名:START J3
適応年齢:3歳~12歳
本体重量:5.6kg
製品サイズ:幅46.5cm×奥行50cm×高さ66~82cm

Amazon販売価格:14,796円

3位:ジュニアプラス

グレコ ジュニアプラス(参考:Amazon:ジュニアプラス

価格ドットコム2位、Amazon4位のジュニアシートです。

ヘッドサポートは6段階、アームレストは2段階で調節可能。収納式カップホルダーも特長のひとつです。

なんといっても製品の軽さはピカイチです。

製品詳細

メーカー:グレコ
製品名:ジュニアプラス
適応年齢:3歳~11歳
本体重量:3.6kg
製品サイズ:幅40cm×奥行40cm×高さ69~82cm

Amazon販売価格:5,980円

4位:SARATTO 3 STEP

SARATTO 3 STEP(参考:Amazon:SARATTO 3 STEP

楽天市場週間ランキング2位のジュニアシートです。

側面衝撃に対応するヘッドレストのクッション強化、成長に合わせて最適なポジションに調整できる可動式ヘッドレスト、車のシートに合わせてリクライニングが出来るモデルです。

インパクトシールドとよばれるもので、子どもの膝の上あたりを固定するので、上半身は動くことが出来ます。

製品詳細

メーカー:エールベベ
商品名:SARATTO 3 STEP
適応年齢:1歳~11歳
本体重量:5.1kg
製品サイズ:幅44cm×奥行40.5cm×高さ66cm

楽天市場販売価格:12,800円

5位:エアグルーヴ プラス

エアグルーヴ プラス(参考:Amazon:エアグルーヴ プラス

価格ドットコム人気売れ筋ランキング3位、アカチャンホンポ週間ランキング9位のジュニアシートです。

深いシートがからだを包み込み、頭・肩・腰をしっかり守ってくれます。

サイドのクッションとおすわりを安定させるランバーサポートがプラスされ、より安心、乗り心地も快適です。

製品詳細

メーカー:アップリカ
商品名:エアグルーヴ プラス
適応年齢:1歳~11歳
本体重量:5.2kg
製品サイズ:幅44.2cm×奥行41.3cm×高さ67.2~75cm

Amazon販売価格:19,800円(税込)

6位:サラット ハイバックジュニア

サラット ハイバックジュニア(参考:Amazon:サラット ハイバックジュニア

楽天市場4位、Amazon5位のジュニアシートです。

頭・背中・座面部分に22個の通気口があり、熱がこもりにくい ヘッド部分は6段階に調整可能です。

また、車のシートに合わせてリクライニング(5°~20°)が可能です。

製品詳細

メーカー:エールベベ
製品名:サラット ハイバックジュニア
適応年齢:3歳~11歳
本体重量:4.1kg
製品サイズ:幅43cm×奥行40.5cm×高さ66cm

楽天市場販売価格:7,980円

7位:START J1

レカロ スタートJ1(参考:Amazon:START J1

アカチャンホンポ週間ランキング6位のジュニアシートです。

ベルトパーツを取り外すことなく、チャイルドモードからジュニアモードへの切り替えが可能。

パーツは全て本体内に収納できるので、将来チャイルドモードに戻す際も紛失の心配がありません。

製品詳細

メーカー:レカロ
商品名:START J1
適応年齢:1歳~11歳
本体重量:6.3kg
製品サイズ:幅46.5cm×奥行50cm×高さ58~82cm

アカチャンホンポ販売価格:24,516円

8位:ムーヴフィットジュニア エアスルー

コンビ ムーヴフィットジュニア(参考:Amazon:ムーヴフィットジュニア エアスルー

身長目安約95cmから使用可能。

背もたれの頭の部分が上下するので、成長に合わせて最適な位置に調整できます。

製品詳細

メーカー:コンビ
製品名:ムーヴフィットジュニア エアスルー
適応年齢:3歳~11歳
本体重量:4.4kg
製品サイズ:幅45.5cm×奥行46.5cm×高さ67~81cm

Amazon販売価格:10,960円

9位:takata312-ifix junior(アイフィックス ジュニア)

タカダ04 アイフィックスジュニア(参考:Amazon:takata312-ifix junior

ジュニアシートでは日本初!ISOFIX対応型です。

3点式シートベルトでも使用可能。

使わないときは、座席から取り外し背もたれを倒して折りたためるので、クルマのトランクルームや家の中でもコンパクトに収納できます。

ISOFIX対応のジュニアシートを選ぶならこちらでしょうか。

製品詳細

メーカー:タカタ
製品名:アイフィックス ジュニア
適応年齢:3歳~12歳ごろ
重量:6.6kg
サイズ:W45cm×D48cm×H69cm

Amazon販売価格:23,800円~

10位:ハイバックジュニアエアロ

ハイバックジュニアエアロ

(参考:Amazon:ハイバックジュニアエアロ

ジュニアシートNo.1の軽量設計。

側面衝突等の防止に役立つヘッド部分側面の壁が高く、ヘッド部分は4段階に調整可能。

熱のこもりにくいエアフリー構造となっています。
(※この製品の製造国は中国です。)

製品詳細

メーカー:リーマン
製品名:ハイバックジュニアエアロ
適応年齢:3歳~12歳ごろ
本体重量:3kg
製品サイズ:幅44.2cm×奥行43.2cm×高さ66cm

Amazon販売価格:6,780円

まとめ

いかがでしたか。

今回ご紹介したものはどれも良い商品です。

ですが、1歳から使用できるもの3歳から使用できるものを間違えないでください。

1歳から使用できるものは『車種適合表の確認』をお忘れなく。

免責事項

役に立った!
と思われた方はシェアしてください!

 - チャイルドシート