バッテリー交換の値段と交換できる9つのショップ

   

バッテリー交換 値段

バッテリーは消耗品です。車を所有している人は、一度はバッテリーを交換したことがあるのではないでしょうか。

では、バッテリーはどこで交換しましたか?

  • 車検の時に言われて、ディーラーやカーショップで交換
  • ガソリンスタンド等の点検時で交換
  • 自分で購入して交換

私が昔、ガソリンスタンドでアルバイトをしていたころ、バッテリー交換をした時には料金はもらわなかったです。

ですが、現在ではバッテリー交換した時に、料金がかかる場合があるとの声が多く聞かれます。

ここでは、バッテリー交換をした場合の値段について、ご紹介いたしますので、是非、ご覧ください。

バッテリー交換の値段と交換できる9つのショップ

バッテリーを交換する、してもらう場所は、たくさんあるかもしれません。

ここでは、バッテリー交換をしてもらえる場所と交換した場合の値段についてご紹介いたします。(※全国展開しているカーショップを厳選いたしました。)

ただし、バッテリーは各ショップで購入して、取り付けてもらう場合ですので、持込で取り付けは、各ショップにお問い合わせください。

1.オートバックス

皆さんもご存知オートバックスは、全国に599店舗を構えるカー用品店です。

オートバックスでは、とくにプライベートブランドのバッテリーがあり、安くて高性能だと人気があります。

工賃:540円~(税込)
 ※ポイントカード(赤)を持っている方は無料
 ※バックアップをしなければいけない車種の場合、別途バックアップ料金がかかります
バッテリー処分代:無料
交換時間:10分~

2.イエローハット

イエローハットは、全国に664店舗を構えるカー用品店です。

イエローハットでは、YBバッテリーというプライベートブランドのバッテリーがありますので、是非とも確認してみましょう。

工賃:540円~(税込)
 ※バッテリー交換無料のセール品もあり
バッテリー処分代:無料
交換時間:15分~

3.ジェームス

ジェームスは、トヨタグループの会社で、全国に88店舗を構えるカー用品店です。

バッテリー点検も無料で行ってもらえますので、気軽に問合せしてみてはいかがでしょうか。

工賃:648円~(税込)
 ※ハイブリッド車は、1,080円
バッテリー処分代:無料
交換時間:15分~

4.ミスタータイヤマン

ミスタータイヤマンは、全国に594店舗を構えるブリジストンのタイヤショップです。

タイヤだけではなく、もちろんバッテリーも取り扱っていますので、この機会に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

工賃:無料(店舗によっては有料の場合有)
バッテリー処分代:無料
交換時間:15分~

5.タイヤガーデン

タイヤガーデンは、ヨコハマタイヤの直営店でバッテリーまで取り扱っている店舗は、351店舗あります。

バッテリー点検も無料で行ってもらえますので、気軽に問合せしてみてはいかがでしょうか。

工賃:324円~(税込)
バッテリー処分代:無料
交換時間:15分~

6.タイヤ館

タイヤ館は、ブリヂストンが展開するタイヤを中心としたカー用品店で全国に498店舗あります。

特価品がある場合もあるので、お近くにタイヤ館があれば、ふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

工賃:無料
バッテリー処分代:無料
交換時間:15分~

7.ガソリンスタンド

ガソリンスタンドは、セルフスタンドが増えつつありますが、まだまだフルサービスタイプのガソリンスタンドも健在で、全国には約30,000店のガソリンスタンドがあります。

各スタンドで独自のバッテリーが販売されていますので、下記にご紹介いたします。

工賃:0円~
バッテリー処分代:無料
交換時間:15分~

8.ディーラー

トヨタ、ニッサン、ホンダ、マツダなど、自動車ディーラーは全国にありますよね。

ディーラーは安心感はありますが、どこか割高な気がします。

工賃:972円~(税込)
バッテリー処分代:0円~
交換時間:15分~

9.自宅

ご自宅の駐車場や借りている駐車場で交換する場合が、もっとも経済的です。

しかし、デメリットも多く

  • 道具の準備
  • バッテリーを前もって、もしくは、その日に購入しに行かなければならない
  • 駐車場を借りている場合は、その場所まで運ばなければならない
  • 取り替える手間
  • 交換後に故障する場合もある
  • 交換した場合の、廃バッテリーの処分方法

などが考えられます。

工賃:0円
バッテリー処分代:0円~
交換時間:15分~

バッテリー通販サイトのご紹介

通販でバッテリーを購入してみてはいかがでしょうか。

年中無休で15時までに注文すれば、当日発送してくれます。

取り外したバッテリーも後日ですが、無料回収してもらえますので、是非、活用してみてください。

バッテリーの購入はこちら☟

まとめ

いかがでしたでしょうか。

基本的にバッテリーは、すでにバッテリー自体に利益が組み込まれているので、工賃は無料のショップが多いです。

バッテリー交換で費用をかけたくないのであれば、自宅等で作業するのが一番ですが、最近の車やハイブリッド車の場合は少々気を付けたほうが良い場合があります。

最終的には、ショップで交換してもらったほうが、安心かもしれませんね。

免責事項

役に立った!
と思われた方はシェアしてください!

 - バッテリー