安全性から選ぶ!おすすめISOFIXチャイルドシート5選

      2017/05/10

チャイルドシートを検索していると良く目にする、ISOFIX(アイソフィックス)とはなんだろうか?

1999年に国際規格化された世界共通のチャイルドシートでシートベルトを使わない、簡単に装着できるチャイルドシートの事なのです。

そこでチャイルドシートを購入するときのよくある問題として、

・いくらぐらいするの
・取付が簡単か
・安全性は

などのことが挙げられます。

そこで、世界共通の固定方式であるISOFIXについて詳しく解説しますので、購入の参考にしてください。

※新たに2機種が追加されましたので、是非、ご覧ください。

◆もくじ

  1. ISOFIXの特徴
  2. ISOFIXの必要性
  3. ISOFIXの安全性
  4. ISOFIX対応のおすすめチャイルドシート

1.ISOFIXの特徴

isofix

車の座席に装着された取付金具に、チャイルドシートに付いているISOFIXコネクターを差し込むだけ。金具同士で固定するので取付ミスを防ぎ、安全性が高まるというものです。

また、すべての車に装着できるとは限りません。

「2012年7月以降発売の乗用車」には標準で搭載されていますので、対象車をお持ちの方は確認してみてください。(※9人乗り以下の乗用車)

主な特徴を以下にまとめてみました。

◆メリット

・取付が簡単差し込むだけ
・取付ミスが無い
・ママでもしっかり固定できる
・チャイルドシートを使っているうちにゆるまない

◆デメリット

・すべての車に装着できない(2012年7月以降発売の乗用車には標準搭載)
・価格が固定タイプのチャイルドシートより高め

2.ISOFIXの必要性

警察庁・JAFの合同調査(2015年)から、6歳未満全体のチャイルドシートの取付状況をみると、54.5%のユーザーが誤った使用をしているとデーターがあります。

チャイルドシート取付状況

誤って取付けている状況と、現在発売されている乗用車にはISOFIX取付口が標準搭載されていること、安全性を考えるとISOFIXの必要性が今後ますます重要視されていくでしょう。

出典:チャイルドシート使用状況全国調査(2015)

3.ISOFIXの安全性

ISOFIXは今後、必要になってくることはお分かりになったかと思います。

ですが、安全性はどうなのでしょう?

国土交通省と自動車事故対策機構が、市販のチャイルドシートについて、前面衝突試験と使用性評価試験を行い、その結果を安全性能の評価として公表しています。

そこに同じメーカーで「ISOFIX対応チャイルドシート」と「シートベルト固定タイプのチャイルドシート」の安全比較がありました。

参考に、ご確認ください。

チャイルドシートアセスメント

コンビ社のネセルターンという商品です。

上が、ISOFIXタイプで下がシートベルト固定タイプとなっており、総合評価欄を見てください。

ISOFIXチャイルドシートのほうがシートベルト固定タイプより評価が高いことが分かると思います。

特に前面衝突試験においては、乳児用、幼児用ともに最高評価の「優」を得ており、安全性が高いことがうかがえます。

出典:チャイルドシートアセスメント

4.ISOFIX対応のおすすめチャイルドシート厳選5選+2

では、そんなISOFIXのチャイルドシートって気になりますよね。

国土交通省と自動車事故対策機構の試験結果から、とくに、おすすめのISOFIX対応チャイルドシートをご紹介しますので、ご参考にしてください。

※試験結果より新しく2機種が追加されましたので、ご紹介いたします。

1.グレコ G-FIX

グレコチャイルドシート

出典:グレコ「G-FIX]

この商品は、ISOFIXでもシートベルト固定でも両方使える優れもの。

急な車の乗せ換えで、ISOFIX対応車でなくても設置可能です。

本体の重さが14.5kgあるので、ママにはちょっと重労働かもしれません。

<製品詳細>

適応年齢:新生児~4歳頃まで
適応体重:2.5kg~13kg未満(後向き)
     9kg~18kg未満(前向き)
製品サイズ:後向き時:幅44cm×奥行73cm×高さ94.5~108.5cm(ISOFIX)
           幅44cm×奥行71cm×高さ50cm(3点式シートベルト)
      前向き時:幅44cm×奥行69cm×高さ112~126cm(ISOFIX)
           幅44cm×奥行49cm×高さ66cm(3点式シートベルト)
製品重量:本体:8.4kg、ISOFIXベース:6.1kg

参考価格:33,480円

2.エールベベ Cute Fix

エールベベチャイルドシート

出典:エールベベ「Cute Fix」

エールベベ商品すべてに言えることは、なんと言ってもトリプル保証。

保障①:購入日より3年間の製品保証
保証②:万一事故が起こった場合に、無料で新品と交換(生産終了品は代替品)
保証③:万一の交通事故の際、死亡1,000万円、重度後遺症最高2,000万円のお見舞金を給付

エールベベホームページ(パソコン/携帯電話)にてお申し込みが必要です。
※保証期間はお申し込み日翌日から1年間です。
※保証②、③は登録が必要です。(お客様登録無料)

<製品詳細>

適応年齢:新生児~4歳頃まで
適応体重:2.5kg~18kg以下
適応身長:50cm以上105cm未満
製品サイズ:前向き時:幅43cm×奥行43cm×高さ63cm
        後向き時:幅43cm×奥行66cm×高さ46cm
製品重量:9kg

参考価格:24,999円(税込)

3.コンビ ネセルターン/ネルーム

コンビチャイルドシート

出典:コンビ 「ネセルターン/ネルーム」

チャイルドシート販売台数No1のコンビから、日本で初めて乳児用・幼児用の両モードで最高評価を獲得したのが、ネセルターン/ネルームです。

一番の特徴はワンタッチで360°回転できるので、乗せ降ろしがらくらく。

また、大きい開閉式のUVカットサンシェードも魅力です。

<製品詳細>

適応年齢:新生児~4歳頃まで
適応体重:18kg以下
製品サイズ:前向き時:幅46cm×奥行52.6cm×高さ69~83cm(サポートレッグ含まず)
      後向き時:幅46cm×奥行64~76cm×高さ68~78cm(サポートレッグ含まず)
製品重量:11.5kg

参考価格:59,400円(税込) ※売り切れのショップは除く

4.タカタ 04-ⅰ fix

タカタチャイルドシート

出典:タカタ 「04-ⅰfix」

タカタは、シートベルトやエアバッグなど、クルマの安全装置をつくる専門メーカーです。

安全装置という視点から製品をつくっているそうです。

この04-ⅰfixに優れた安全・快適機能があり、それが側面衝突試験から生まれた「サイドプロテクションシステム」です。

これは本体の両サイドに、特殊な衝撃吸収材を埋め込み、側面衝突からもお子さまをしっかり守るというものです。

<製品詳細>

適応年齢:新生児~4歳頃まで
適応体重:18kg以下
適応身長:100cm以下
製品サイズ:幅41.5cm×奥行62cm×高さ65.5cm(サポートレッグ含まず)
製品重量:11.2kg

参考価格:46,700円

5.リーマン ⅰA01

リーマンチャイルドシート出典:リーマン 「iA01」

平成13年に設立された新しいチャイルドシートメーカーです。

厳しい独自基準「リーマン基準」を設定し、生産の各ラインで15以上の工程を設け、そのひとつひとつに厳しい基準を設定しています。

それだけ厳密な管理をし、こだわりをもったブランドを言えるのではないでしょうか。

そんなリーマンのⅰA01は、「安心/快適/簡単」をコンセプトとし、難しい操作に不慣れなママでも簡単・確実に取り付けられると評価を得ています。

<製品詳細>

適応年齢:新生児~4歳頃まで
適応体重:~18kg
適応身長:~105cm
製品サイズ:幅43cm×奥行63.5cm×高さ63cm(サポートレッグ含まず)
製品重量:11.8kg

参考価格:43,200円

6.エールベベ クルット 3i

エールベベ クルット 3i

出典:エールベベ クルット 3i

クルット3iの特長は以下の3つになります。

  • 「ママの両手」を再現したクッション
  • 抱っこしたままでも片手で回転、乗せ降ろしが楽
  • ゆったりとしたドーム状のサンシェード

エールベベ特有のトリプル保証も、もちろん付いています。

クルットシリーズ最上級モデルの「グランス」とプレミアムモデルの「プレミアム」を2種類を用意しています。

<製品詳細>

適応年齢:新生児~4歳頃まで
適応体重:新生児~18kg
適応身長:新生児~100cm
製品サイズ:幅44cm×奥行61.7cm×高さ64cm
製品重量:14.7kg

参考価格:54,000円

7.アップリカ クルリラ

アップリカ クルリラ

出典:アップリカ クルリラ

アップリカは、赤ちゃんの足があがり過ぎず、自然な姿勢で乗れるゆったりシートを開発しました。

インジケータ付で前向き・後ろ向き共に7段階のリクライニングできる回転式ISOFIXチャイルドシートです。

ISOFIXだけではなく、3点式シートベルトにも対応していますので、急な車の乗せ換えにも安心ですね。

<製品詳細>

適応年齢:新生児~4歳頃まで
適応体重:2.5kg~18kg
適応身長:50cm~100cm
製品サイズ:幅47.4cm×奥行65.2cm×高さ77~71.5cm(前向き時)
      幅47.4cm×奥行70.5~78cm×高さ57.3~54.5cm(後向き時)
製品重量:14.8kg

参考価格:49,680円

まとめ

いかがでしたか。

チャイルドシートは大切なお子さまを守る安全装置です。

今回のポイントは ・必ず取付け確認車種リストおよび車両の取扱説明書でISOFIX(アイソフィックス)チャイルドシートに適合しているか確認する ということです。

安全で快適なドライブをお子さまと一緒に楽しんでください。

アカチャンホンポネット通販

週末には、子どもと一緒に子供用品販売店に行って、子どもの洋服やチャイルドシート、ベビーカーなど見られている方も多いと思います。

子供用品販売店の中でも、「アカチャンホンポ」をご存知ですよね。

アカチャンホンポは、80年以上の歴史があり、出産を迎える方や子育て中の方まで、皆さんに愛されているショップです。

皆さんも一度は行かれたことがあると思いますが、通販でもアカチャンホンポの商品が購入できます。

  • まとめて購入する方は割引あり
  • 3,000円(税込3,240円)以上の商品購入で宅配送料無料(※保冷配送や大型商品、組み立てが必要な商品の場合、別途手数料がかかります。)
  • チャイルドシートなどの大型商品の持ち返り不要

ちょっと、赤ちゃん用品を買うのを忘れてしまった方やお店がお近くに無い方などアカチャンホンポのネット通販を選んでみてはいかがでしょうか。

無料買取一括査定

無料買取一括査定ランキング

第1位 かんたん車査定ガイド
入力45秒!簡単・人気急上昇中の一括査定

簡単入力で最大10社に一括で見積依頼。
中古車の買取一括査定の決定版!
入力後、すぐに査定概算価格が表示されます。
詳細ページ
第2位 カーセンサー
皆さんご存知!カーセンサー運営の一括査定

加盟業者数が多い。
最大11社からの見積もりが可能。
メールでの連絡も選べる(※電話連絡はあります)。
詳細ページ
第3位 ズバット車買取
全国展開大手の買取業者が多数参加

全国211社から厳選された最大10社に一括で査定依頼。
利用者100万人突破!
査定額が平均16万円以上アップの実績。
詳細ページ

役に立った!
と思われた方はシェアしてください!

 - チャイルドシート