Amazonの車検は申込から点検・納車まで自宅で可能な車検サービス

      2018/02/20

amazon 車検

車をお持ちの方、そろそろ車検が近づいてきていませんか?

基本的に2年に1回やってくる車検ですが、2年なんてあっという間で「もう車検の時期か」と思う方が大半だと思います。

今回はどこで車検を受けようかな、と考えているのであれば、皆さんご存知のAmazonで車検を受けてみてはいかがでしょうか。

Amazonで車検を取り扱っているだなんて意外かもしれませんが、車検も取り扱っているのです。

ここでは、そんなAmazonの車検について、詳しく調べてご紹介したいと思います。

Amazonの車検とは

すでにご存知の方も多いかもしれませんが、2017年9月にAmazonでも車検のサービスが始まりました。

しかし、Amazonが車検をするわけではなく、Amazonが「カーと言えばグー」でおなじみの「goo」と提携しておこなう車検となります。

従って入り口はAmazonですが車検は、「グー車検」ということになります。

グー車検とはいえ、Amazonで車検を受けるメリットやデメリットは以下となります。

メリット

  • 車検申込から点検・納車まで自宅で行うことができる
  • カードで簡単決済
  • 車検切れも可能(別料金10,000円)

デメリット

  • 車検の申し込みから車検完了までの時間がかかる
  • ちょっと高く感じる
  • 国産車のみ対応

グー車検ではオプションサービスとなっている車両引き取り・納車ですが、Amazonの場合、車検基本料金の中に車両引き取り・納車の費用が含まれているということが最大のメリットになります。

一つ必ず確認しておきたい点は、2つあります。

  • 車検基本料金:Amazonで支払い
  • 法定費用、追加整備代:グー車検で支払い

Amazonでは、車検基本料として「自宅への車両の引取・納車、24ヶ月法定点検(整備代・部品代は別)、完成検査、登録申請、点検結果説明、簡易調整、整備部位の6ヶ月または1万km保証」が含まれており、この部分を支払うことになります。

法定費用(自賠責、重量税、印紙代)と追加整備代については、グー車検で支払うことになりますので、ご注意ください。

Amazon車検の受け方

1.車検サービスチケットを購入

車検サービスチケット

Amazonで車検を受けるには、車検を受ける車の「車両重量」を確認し、ご自身の車の車両重量に該当する「車検サービスチケット」を購入します。

車検サービスチケットは以下の5つとなります。

国産車のみ対応となり、「輸入車、1、4ナンバーは不可」となりますので、該当する車は、別のショップで車検を受けることになるでしょう。(グー車検も不可)

またサービスチケットには有効期限があり、購入してから3か月となりますのでお忘れなく。

もし、車両重量を間違えて購入してしまった場合は、Amazonでキャンセル手続きをして、再度、購入することになりますので、「車両重量」を間違えないようにしましょう。

2.コンシェルジュと相談

Amazon車検(グー車検)では、コンシェルジュと呼ばれる車検の案内をしてくれるスタッフがつきます。

サービスチケット購入後、Amazonページに記載されているように、1週間~3週間以内にメールまたは電話にてコンシェルジュから日程等の調整連絡があります。

車の引取日までに、まず「車検証を送付」します。

車検証の送付方法については、URLが記載されたメールにしたがって送付することになりますが、車検証の写真を撮って、その写真を添付することになりますので、あらかじめ車検証の写真を撮っておいても良いかもしれません。

もし、車検証が見当たらない場合は、ご自身で車検証を再取得しなければいけませんのでご注意ください。

コンシェルジュと話す際に気になる事を下記にお伝えいたします。

  • 車の引取時間の指定:午前、午後、希望時間も可能な場合がある
  • 土日も可能:可能な場合がある

基本的には、お客となる方の要望にそってコンシェルジュが探すことになるので、気になる事をズバッっと聞いてみるのもありです。

3.車両引き取り

グー車検加盟整備工場の担当者が、ご指定の場所(自宅や勤務先)まで車の引き取りに来てくれます。

よく、車内に小銭などを置いている方もいますよね。

ほとんどないと思いますが、まれに取られてしまう場合もありますので、引き取りにくる前に片づけておきましょう。

4.法定費用の支払い

車検を合格するのに必要な追加整備があった場合は、見積もりの連絡を受けることになります。

法定費用と追加整備代については、グー車検のサイト内で支払いを行います。

サイト内と言っても、メールに連絡されたURLから支払い手続きに進みます。

支払い方法は以下の4つになりますので、ご自身にあった支払い方法を選択しましょう。

  • クレジットカード
  • コンビニ払い
  • ネット銀行による振り込み
  • ペイジー

ちなみに法定費用はクレジットカードの場合、分割で支払うことが出来ますので、法定費用や追加整備代が高額になってしまった場合には、使ってみるのもありではないでしょうか。

5.納車

車検を完了後、納車の日程を調整します。

ご指定の場所(自宅や勤務先)に納車までを、約1週間され、完了となります。

Amazonで車検を受ける場合の総額一覧

Amazon車検のページにある車検費用をご覧になっている方は、「Amazonの車検て安い!」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんがご注意ください。

注意すべきは「法定費用」の部分になります。

すでに、ご紹介してきているようにAmazonでの車検は、「車検基本料」の部分を支払うことになっています。

法定費用については「グー車検」で支払うことになりますが、Amazon車検のページに記載している車検費用は、重量税の部分が「初年度登録より13年未満の車」を参考に記載しているのです。

「初年度登録から13年以上の車」や「初年度登録から18年以上の車」については、車検費用の総額がグンとアップしますので注意が必要です。

そこで、Amazonで車検を受けた場合の費用の目安をご紹介いたしますので確認してみましょう。

また、印紙代については、車検を受ける工場によって手数料がかわり、指定工場(カーショップやディーラー)であれば「1,100円」、認証工場であれば、「軽自動車は1,400円、5ナンバー車1,700円、3ナンバー車1,800円」となりますが、今回はすべて指定工場の1,100円でご紹介いたします。

軽自動車
  エコカー エコカーではなく
13年未満
13年経過 18年経過
自賠責保険 25,070円
重量税 5,000円 6,600円 8,200円 8,800円
印紙代 1,100円
車検基本料 17,800円
車検費用 48,970円 50,570円 52,170円 52,770円
車両重量~1,000kg以下(パッソなど)
  エコカー エコカーではなく
13年未満
13年経過 18年経過
自賠責保険 25,830円
重量税
~1,000kg以下
10,000円 16,400円 22,800円 25,200円
印紙代 1,100円
車検基本料 18,800円
車検費用 55,730円 62,130円 68,530円 70,930円
車両重量~1,500kg以下(ヴィッツなど)
  エコカー エコカーではなく
13年未満
13年経過 18年経過
自賠責保険 25,830円
重量税
~1,500kg以下
15,000円 24,600円 34,200円 37,800円
印紙代 1,100円
車検基本料 18,800円
車検費用 60,730円 70,330円 79,930円 83,530円
車両重量~2,000kg以下(エスティマ、クラウンなど)
  エコカー エコカーではなく
13年未満
13年経過 18年経過
自賠責保険 25,830円
重量税
~2,000kg以下
20,000円 32,800円 45,600円 50,400円
印紙代 1,100円
車検基本料 20,800円
車検費用 67,730円 80,530円 93,330円 98,130円
車両重量~2,500kg以下(レクサスRX、アルファードなど)
  エコカー エコカーではなく
13年未満
13年経過 18年経過
自賠責保険 25,830円
重量税
~2,500kg以下
25,000円 41,000円 57,000円 63,000円
印紙代 1,100円
車検基本料 22,800円
車検費用 74,730円 90,730円 106,730円 112,730円

まとめ

Amazonの車検はいかがでしたか。

正直、車の情報を書いている私であれば、Amazonで車検を受けずに、グー車検のサイトから直接車検を受けると思います。

しかし、私は、「車検を安く済ませたい」、「平日に時間が取れる」ので、そのような行動にします。

  • どうしても車検を受ける時間が取れない
  • 車検を受けるショップに持ち込むのが面倒
  • すぐに車を使わなくてもいい

もし、上記に当てはまるようでしたらAmazonで車検を受けても良いのではないでしょうか。

激安タイヤ通販の決定版!

タイヤはインチが大きいほど高くつくものです。

激安タイヤをお考えでしたら、 通販実績No1・顧客満足度99.5%の「オートウェイ(AUTOWAY)」がおすすめです。

オートウェイでタイヤを購入するメリットは次の通りです。

  • 年中無休
  • 年間180万本以上のタイヤ販売実績
  • 最短1日~2日の短期納品
  • 送料が全国一律タイヤ1本1,080円(税込)
  • タイヤを直送可能な取付店がある

1941年創業以来、1999年よりタイヤの通信販売を開始してから、通信販売での累計販売本数が1,600万本を販売するオートウェイなら、きっと満足すること間違いなしです。

無料買取一括査定

無料買取一括査定ランキング

第1位 かんたん車査定ガイド
入力45秒!簡単・人気急上昇中の一括査定

簡単入力で最大10社に一括で見積依頼。
中古車の買取一括査定の決定版!
入力後、すぐに査定概算価格が表示されます。
詳細ページ
第2位 カーセンサー
皆さんご存知!カーセンサー運営の一括査定

加盟業者数が多い。
最大11社からの見積もりが可能。
メールでの連絡も選べる(※電話連絡はあります)。
詳細ページ
第3位 ズバット車買取
全国展開大手の買取業者が多数参加

全国211社から厳選された最大10社に一括で査定依頼。
利用者100万人突破!
査定額が平均16万円以上アップの実績。
詳細ページ

役に立った!
と思われた方はシェアしてください!

 - 車検