R129はチャイルドシートの安全基準だ!厳選7メーカー

      2019/11/07

R129 チャイルドシート

チャイルドシートは、何でもだいたい一緒でしょ!と思われるかもしれませんが、生まれてすぐに使用できるものや1歳頃から使用できるもの、ジュニアシートやブースターなど意外に多いんです。

さらに、国土交通省によって国の安全基準を満たしたチャイルドシートには「型式認定マーク」が付いている事をご存知でしょうか?

現在のチャイルドシートのほとんどが「UN(ECE) R44/○○」と表記されていると思いますが、「UN-R129」もしくは「R129」

といった表記のチャイルドシートも見かけることでしょう。

ここでは、そんな新基準である「R129」について、詳しく調べてみたいと思います。

R129とは

チャイルドシートには安全基準というものを定めています。

日本は、国際連合欧州経済委員会(United Nations Economic Commission for Europe)が定めた安全基準を用いており、それが「Eマーク」と呼ばれるマークです。

現在、Eマークは「UN-R44/04」もしくは「ECE-R44/04」のチャイルドシートが主流ですが、「R129」は一番新しい安全基準になります。

R129とは「Regulation No. 129」の事で、協定規則第129号と訳されます。

協定規則第129号には、全196ページにわたり「年少者用補助乗車装置(ECRS)の認可に関する統一規定」が記載されています。

従って「R129」と言うのですね。

また、協定規則第129号の適用範囲には「一体型汎用ISOFIX改良型年少者用補助乗車装置=i-Size(アイサイズ)」とありますので、i-Size(アイサイズ)と記載されているチャイルドシートも見かけることでしょう。

では「R129」は、何が最新の安全基準なのでしょうか。

従来のチャイルドシートの安全基準に追加された項目は以下の4つになります。

  • 子どもの身長で選択
  • 後向き装着は生後15ヶ月になるまで
  • 側面衝突試験の追加
  • ISOFIXタイプのみ
子どもの身長で選択

従来、年齢はもちろんですが、「何kg~何kgまで使用可能」と体重でチャイルドシートを選んでいます。

しかし、体重よりも身長のほうが個人差が少ないとの事で、身長を基準に選びましょうという事です。

後向き装着

新生児の場合、進行方向に子どもの背中を向けた状態、いわゆる「後向き」にチャイルドシートを設置します。

チャイルドシートは「子どもが1歳ぐらいまでは後向きで」、「1歳過ぎてから前向きで」と言われていますが、R129では、「15ヶ月未満まで後向きで取り付け」となりました。

やはり赤ちゃんは、まだまだ未熟な身体でありますので、安全性を考慮した結果でしょう。

また、15ヶ月を超えても身長76cm未満であった場合、前向き使用はできないなど、製品によって異なる場合もあるそうですので、注意してみましょう。

側面衝突試験の追加

チャイルドシートの安全性の実験は、前方または後方からの衝突試験が一般的です。

R129では、前方後方の衝突試験に加え「側面衝突試験」が加えられました。

また、衝突時の評価では、頭部の項目が新たに加わり頭部・頚部の安全性を重視しています。

ISOFIXタイプのみ

ISOFIXは「アイソフィックス」と呼びますが、1999年に国際規格化されたシートベルトを使わないチャイルドシートの事を言います。

ISOFIXは「2012年7月以降発売の乗用車」には標準で搭載されており、R129のチャイルドシートは、ISOFIXタイプしかありません。

したがって取り付けられない車もありますので、注意が必要です。

ISOFIX(アイソフィックス)のチャイルドシートについて、詳しく知りたい方は「安全性から選ぶ!おすすめISOFIXチャイルドシート厳選7選」をご覧ください。

UN(ECE) R44とUN-R129の違い

「UN-R44とECE-R44」とは、何か違う訳ではなく、国内メーカーのチャイルドシートは、大体「UN-R44」と表記してあり、マキシコシなどの海外メーカーは「ECE-R44」と表記してあることが多いです。

さらに「UN-R44とECE-R44」の後ろに「/03」とか「/04」と記載されているチャイルドシートを見かけるかもしれませんが、これは、改訂をした回数を表しているので、03であれば3回目の改訂基準で認定、04であれば4回目に改訂した基準で認定されたチャイルドシートという事になります。

2019年10月現在での「UN-R44とECE-R44」の最新は「/04」になります。

また、R129は「/02」が最新です。

ここでは「UN(ECE) R44」と「UN-R129」との違いを簡単にまとめてみましたので、是非、ご覧ください。

  UN-R44 UN-R129
適応基準 体重 身長
後向設置年齢 1歳ぐらいまで 15ヶ月未満まで
衝撃対応 前後 前後、側面
取付方法 ISOFIX、3点式シートベルト ISOFIXのみ
     
発売機種 多い 少ない
価格 安いものもある 高い

R129のチャイルドシート厳選7メーカー

最新の安全基準である「R129」のチャイルドシートは、どんなメーカーがあるのか、くまなく調べてみましたので、どうぞご覧ください。

1.アップリカ

クリリラプラス 360°セーフティー

R129の先人とも言えるのが、アップリカのチャイルドシートになります。

赤ちゃんがゆったり、快適に過ごせるイス型チャイルドシートであるのが「クルリラプラスシリーズ」。

回転式ですので、乗せ下ろしが簡単ですよ。

製品詳細
メーカー:アップリカ
製品名:クルリラプラス 360°セーフティー
使用期間:身長40cm~83cmまで(後向き)
    :身長71cm~100cmまで(前向き)
本体重量:15.2kg
製品サイズ:幅44cm×奥行き72.6~78.6cm×高さ54.6~59.9cm(後向き)
     :幅44cm×奥行き66.1cm×高さ71.9~77.6cm(前向き)
シートカラー:ブラウンストーン、ブルーストーン
取付方法:ISOFIX
参考価格:60,000円(税抜)

2.レカロ

ゼロワンセレクトR129

レカロと言ったらレカロシートをイメージされるお父さん方も多いと思いますが、チャイルドシートだってあるんです。

R129に適合し、レカロらしいレッドを基調としたシートカラー、ブルーを基調としたシートカラーがインパクトを与えます。

左右のどちら側からでも簡単に操作できる360°回転シートとなっています。

製品詳細
メーカー:レカロ
製品名:ゼロワンセレクトR129
使用期間:身長40cm~105cm以下
本体重量:15.5kg
製品サイズ:幅46cm×奥行き68cm×高さ70cm
シートカラー:スパーキーレッド、ディープブルー
取付方法:ISOFIX
参考価格:60,000円(税抜)

3.リーマン

iベビー プレディオターン

ジャパンクオリティで有名なリーマンのチャイルドシートにもR129対応のチャイルドシートがあります。

「ベビーザらス限定モデル」ですが、左右のどちら側からでも簡単に操作できる360°回転シートや大型のダブルヘッドガードがお子さんの頭部を守ってくれます。

ベビーザらスへ行かれた際に、実際触ってみるのも良いのではないでしょうか。

製品詳細
メーカー:リーマン
製品名:iベビー プレディオターン
使用期間:身長45cm~105cm
本体重量:14kg
製品サイズ:幅44cm×奥行き66cm×高さ63cm(前向き、サポートレッグ含まず)
シートカラー:グレー
取付方法:ISOFIX
参考価格:60,000円(税抜)

4.コンビ

THE S(ザ・エス)

THE S

待ちに待った!と思われる方も多い、コンビのチャイルドシートからR129が生まれました。

ベッド型の「THE S(ザ・エス)」とスタンダード型「プロガード」は、どちらもコンビ独自のエッグショックが搭載されたR129チャイルドシートです。

回転式を選ぶのであれば「THE S(ザ・エス)」を回転式までは要らない方は「プロガード」を選択すると良いでしょう。

製品詳細
メーカー:コンビ
製品名:THE S(ザ・エス)
使用期間:身長40cm~87cmまで(後向き)
    :身長76cmかつ月齢15カ月以上~105cmまで(前向き)
本体重量:13.7kg
製品サイズ:幅44cm×奥行き68~81cm×高さ62.5~75cm(後向き)
     :幅44cm×奥行き67cm×高さ65~82.5cm(前向き)
シートカラー:グレー、ブルー、レッド、ライトグレー
取付方法:ISOFIX
参考価格:67,000円(税抜)
プロガード

プロガード

製品詳細
メーカー:コンビ
製品名:プロガード
使用期間:身長40cm~100cmまで(後向き)
    :身長76cmかつ月齢15カ月以上~100cmまで(前向き)
本体重量:11.6kg
製品サイズ:幅43cm×奥行き69cm×高さ50~55cm(後向き)
     :幅43cm×奥行き64.5cm×高さ66.5~69.5cm(前向き)
シートカラー:ネイビー、ブラック
取付方法:ISOFIX
参考価格:60,000円(税抜)

5.マキシコシ

マキシコシのチャイルドシートはR129に適合したモデルが多いのが特長です。

新生児~15ヶ月まで対応のベビーシート 「Pebble Plus(ペブルプラス)」や0歳~4歳「AXISSFIX PLUS(アクシスフィックス プラス)」さらに、6ヶ月~4歳「2way Pearl(2ウェイパール)」と年齢や試用期間で選べるのもいいですね。

Pebble Plus(ペブルプラス)

Pebble Plus

製品詳細
メーカー:マキシコシ
製品名:Pebble Plus(ペブルプラス)
使用期間:身長45cm~75cm
本体重量:4.55kg
ISOFIXベース重量:6.4kg
製品サイズ:幅44cm×奥行き67~73cm×高さ56~63cm
シートカラー:ノマドレッド、スパークリングブルー、フリケンシーブラック、ノマドブルー、ノマドサンド、ノマドグレー、ノマドブラック、スパークリンググレー
取付方法:3点式シートベルト、別売ISOFIXベース 参考価格:35,000円(税抜)

※専用の別売ISOFIXベース(2wayFix)を使用しないとR129として使用にはなりません。

AXISSFIX PLUS(アクシスフィックス プラス)

AXISSFIX PLUS

製品詳細
メーカー:マキシコシ
製品名:AXISSFIX PLUS(アクシスフィックス プラス)
使用期間:身長45cm~87cm(後向き)
    :身長76cm~105cm(前向き)
本体重量:12.15kg
製品サイズ:幅44.5cm×奥行き55~71cm×高さ57.5~65cm
シートカラー:ノマドレッド、スパークリングブルー、ノマドブルー、ノマドグレー、ノマドブラック、スパークリンググレー
取付方法:ISOFIX
参考価格:63,000円(税抜)
2way Pearl(2ウェイパール)

2way Pearl

製品詳細
メーカー:マキシコシ
製品名:2way Pearl(2ウェイパール)
使用期間:身長67cm~105cm
本体重量:7.25kg
製品サイズ:幅47.5cm×奥行き61cm×高さ59.5~62cm
シートカラー:ノマドブルー、ノマドサンド、ノマドグレー、ノマドブラック、フリケンシーピンク、フリケンシーブルー、ビビットレッド、スパークリンググレー、ブラックレイベン
取付方法:別売ISOFIXベース
参考価格:35,000円(税抜)

6.ブリタックスレーマー

安心を選ぶとすれば、ドイツ発のチャイルドシートメーカー「ブリタックスレーマー」を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。

マキシコシと同じく、R129でも新生児~15ヶ月まで対応のベビーシートや回転式のチャイルドシートもあります。

海外メーカーは、トラベルシステムがあるのが特長とも言えます。

BABY SAFE i-SIZE

BABY SAFE i-SIZE

製品詳細
メーカー:ブリタックスレーマー
製品名:BABY SAFE i-SIZE
使用期間:身長40cm~83cm
本体重量:4.8kg
ISOFIXベース重量:8.7kg
製品サイズ:幅44cm×奥行き67cm×高さ58cm
シートカラー:コスモスブラック、フレームレッド、オーシャンブルー、ストームグレー、ラグーングリーン、コーラルピーチ、ブラックマーブル、ブルーマーブル
取付方法:3点式シートベルト、別売ISOFIXベース 参考価格:36,000円(税抜)

※専用の別売ISOFIXベース(FLEX BASE)を使用しないとR129として使用にはなりません。

DUALFIX i-SIZE

DUALFIX i-SIZE

製品詳細
メーカー:ブリタックスレーマー
製品名:DUALFIX i-SIZE
使用期間:身長40cm~105cm
本体重量:15kg
製品サイズ:幅44cm×奥行き74cm×高さ48cm
シートカラー:ブルーマーブル、コスモスブラック、ムーンライトブルー、ミスティックブラック、オリーブグリーン、サンドマーブル、ストームグレー、ワインローズ、フレームレッド
取付方法:ISOFIX
参考価格:70,000円(税抜)

7.サイベックス

サイベックスは、ドイツに本社がありましたが、現在は中国に本社を構える「Goodbaby International Holdings Limited」の製品企業の1つです。

そんなサイベックスの特長は、斬新なデザイン!

チャイルドシートだって、デザイン性は抜群でありながらR129の安全基準を満たしたチャイルドシートもあります。

Cloud Z i-Size

Cloud Z i-Size

製品詳細
メーカー:サイベックス
製品名:Cloud Z i-Size
使用期間:身長45cm~87cm
本体重量:4.8kg
ISOFIXベース重量:7.6kg
製品サイズ:幅44cm×奥行き67cm×高さ38cm
シートカラー:オータムゴールド、スターダストブラック、マンハッタングレー
取付方法:ISOFIX、別売りISOFIXベース 参考セット価格:69,000円(税抜)

※専用の別売ISOFIXベース(BASE Z i-Size)を使用しないとR129として使用にはなりません。

Sirona Z i-Size

Sirona Z i-Size

製品詳細
メーカー:サイベックス
製品名:Sirona Z i-Size
使用期間:身長45cm~87cm(後向き)
    :身長76cm~105cm(前向き)
本体重量:12.15kg
製品サイズ:幅44.5cm×奥行き55~71cm×高さ57.5~65cm
シートカラー:ノマドレッド、スパークリングブルー、ノマドブルー、ノマドグレー、ノマドブラック、スパークリンググレー
取付方法:別売りISOFIXベース 参考セット価格:76,000円(税抜)

※専用の別売ISOFIXベース(BASE Z i-Size)を使用しないとR129として使用にはなりません。

まとめ

R129のチャイルドシートについていかがでしたか。

最新の安全基準である「R129」のチャイルドシートは、まだまだ少ないです。

また、取付方法がISOFIXのみとなっていますので、2012年6月以前の車をお持ちの方は設置をすることが出来ません。

まだまだ、その年式の車もよく見かけるので注意が必要ですね。

何はともあれ、子どもの安全を守るのが「チャイルドシート」ですから、安全性に投資してみるのも良いのではないでしょうか。

無料買取一括査定

無料買取一括査定ランキング

第1位 かんたん車査定ガイド
入力45秒!簡単・人気急上昇中の一括査定

簡単入力で最大10社に一括で見積依頼。
中古車の買取一括査定の決定版!
入力後、すぐに査定概算価格が表示されます。
詳細ページ
第2位 カーセンサー
皆さんご存知!カーセンサー運営の一括査定

加盟業者数が多い。
最大11社からの見積もりが可能。
メールでの連絡も選べる(※電話連絡はあります)。
詳細ページ
第3位 ズバット車買取
全国展開大手の買取業者が多数参加

全国211社から厳選された最大10社に一括で査定依頼。
利用者100万人突破!
査定額が平均16万円以上アップの実績。
詳細ページ

役に立った!
と思われた方はシェアしてください!

 - チャイルドシート