【主要11メーカー】タイヤチェーンのサイズを一挙ご紹介

      2017/05/10

タイヤチェーン サイズ

「タイヤチェーンは、いくつかのサイズがある」と見たり、聞いたりしたことがあるかもしれません。

では、車を買い替えた場合、タイヤサイズが変わってしまったら、そのチェーンはもう使えないのでしょうか?

答えは、「タイヤサイズが変わっても使える可能性がある

確かにタイヤチェーンのサイズは決まっていますが、捨ててしまおうと思う前にこの記事を読んでみてください。

ここでは、タイヤチェーンのサイズにこだわって、詳しく解説いたします。

タイヤチェーンのサイズで知っておくべき3つのポイント

タイヤチェーンはいくつかのサイズがありますが、これからタイヤチェーンを購入する方に以下の確認をすることをお願いいたします。

1.タイヤサイズ・タイヤ形状

タイヤサイズ確認

当たり前かと言われるかもしれませんが、タイヤサイズを確認しておかなければ、タイヤチェーンは購入できません。

なぜなら、タイヤチェーンは1つの製品でも約8種類の製品に分けられているため、すべてのタイヤチェーンがどんなタイヤサイズでも使用可能という訳ではないのです。

タイヤサイズの確認方法は、2つあります。

車種にもよりますが、運転席側のフロントドアを開けた内側にタイヤサイズと適正タイヤ空気圧の記載されたシールが貼ってあります。
(※すでにインチアップされている方は、こちらの表記は当てはまりません。)

タイヤサイズはタイヤの側面に、メーカー名や商品名、製造年月日とともに「215/60R16 95H」のように、4組の数字と2つのアルファベットと一緒に必ず表示されています。

インチアップをされている方もいるかもしれませんので、タイヤ本体の側面に刻印されているサイズを確認しましょう。

また、稀にタイヤの構造や形状によっては取付出来ないものがありますので注意しましょう。

2.タイヤクリアランス

タイヤクリアランスとはタイヤと車体との隙間のことを言います。

この隙間がある一定の幅がなければタイヤチェーンが車体に当たってしまい、走行することが出来ません。

タイヤチェーンは、走行すると遠心力で膨らみますので、車種によってはABSのセンサーがチェーンによって破損ということも考えられるようです。

十分なクリアランスが必要になりますので押さえておきましょう。
(※チェーンの種類によっては2cm以上というものもあります。)

また、インチアップした車やローダウン車・輸入車等は、購入される前に必ず確認しましょう。

3.普通タイヤとスタッドレスタイヤの確認

カー用品店などで、タイヤチェーンの箱裏面や備え付けの取扱説明書などをご覧になった方はいらっしゃるかと思います。

ご自身のタイヤサイズを確認して、欲しいタイヤチェーンの型番を見つけるのが一般的ですが、ここで確認しておきたいことは、「普通タイヤ」に取り付けるか、「スタッドレスタイヤ」に取り付けるかを考えて購入をしてください。

ほとんどのチェーンサイズはどちらのタイヤでも適合しますが、まれにタイヤによっては、チェーンサイズが1ランクアップするものもあります。

是非、確認しておきたいところです。

また、タイヤチェーンが入っていた箱が無く、タイヤチェーンだけをもらったりした場合は、残念ですがタイヤチェーンのサイズは分かりませんので、そのチェーンの使用は止めておいた方がいいでしょう。

主要11メーカーのタイヤチェーンサイズをご紹介

1.エフイーシーチェーン 

エコメッシュ Ⅱ

FECチェーンのタイヤチェーンを、オートバックスやイエローハットの店頭でも見たことがあるのではないでしょうか。

FECチェーンの製品は、タイヤチェーンメーカーの中で断トツの製品点数がありますので、迷ってしまうかもしれませんね。

チェーンの種類によって対応車種が細かく設定されているので注意しましょう。

タイヤサイズ適合表一覧

2.COMTEC

スピーディアSX

COMTECは、レーダー探知機やドライブレコーダーなどを取り扱う会社ですが、タイヤチェーンもあります。

とてもリーズナブルな製品ですので、是非、確認してみましょう。

タイヤサイズ適合表一覧

製品名 タイヤサイズ適合表
スピーディアSX http://www.e-comtec.co.jp/chain/chain.pdf

3.ニューレイトン株式会社

らくらくタイヤチェーン

ニューレイトン株式会社は、安心・安全を第一に考えた、自動車用品のグローバルカンパニーです。

亀甲型のチェーンを取り扱っていますので、確認してみてください。

タイヤサイズ適合表一覧

製品名 タイヤサイズ適合表
らくらくタイヤチェーン http://www.newrayton.co.jp/tools/other.html

4.中発販売株式会社

P1マジック

中発販売株式会社は、カー用品の総合商社として、事業を展開している会社です。

イタリアのチェーンブランド「コーニック」を取り扱っています。

タイヤサイズ適合表一覧

製品名 タイヤサイズ適合表
P1 マジック http://www.chuhan.co.jp/carproducts/pdf/chain.pdf

5.カーメイト

カーメイト BIATHLON Quick EASY

カーメイトは、皆さんもご存知かもしれませんが、カー用品の総合メーカーです。

とくにタイヤチェーン主力の「バイアスロン」は、非金属タイヤチェーン国内売上No,1とトップブランドとして君臨しています。

タイヤサイズ適合表一覧

製品名 タイヤサイズ適合表
バイアスロン・クイックイージー http://www.carmate.jp/biathlon/size/

6.京華産業

スノーゴリラコマンダー2

京華産業は、旧三井物産から出発した京滋地区を地場とした歴史ある商社です。

オートバックスの店頭では、「ネットギアジラーレ」が販売されています。

タイヤサイズ適合表一覧

製品名 タイヤサイズ適合表
サイバーネット ツインロックⅡ http://www.keika-kizai.jp/product/000004_02.html
ネットギア ジラーレ http://www.keika-kizai.jp/product/000005_02.html
コマンダーⅡ http://www.keika-kizai.jp/product/000006_02.html
サイバーネット http://www.keika-kizai.jp/product/000007_02.html

7.イエティスノーネット

イエティスノーネット

スイス生まれのYeti Snow net(イエティスノーネット)は、静粛性と雪道走行性を両立した、世界で唯一のラバーネットです。

少々、収納ボックスが大きめですので、注意が必要です。

タイヤサイズ適合表一覧

製品名 タイヤサイズ適合表
イエティスノーネット http://www.yeti-snownet.com/size/

8.Weissenfels
(バイセンフェルス)

タイヤチェーン バイスソック

ドイツ南部アーレン市に本社を構えるルッドグループの会社です。

2015年で140周年を迎え創業以来ダイナミックな革新をモットーに研究、開発、製造を積み重ねてきており、 近年"21世紀の隠れたトップ100企業"を受賞し、最先端のアイディアを追求する企業として評価されています。

タイヤサイズ適合表一覧

製品名 タイヤサイズ適合表
テクナ http://www.axel-japan.co.jp/m30/index.html
クラックゴーユニカ  http://www.axel-japan.co.jp/m32/index.html
バイスソック http://www.axel-japan.co.jp/weisssock/index.html

9.SCCジャパン

タイヤチェーン オートトラック

Peerless は、1917年にアメリカで設立された、全米最大手のチェーンメーカーです。

そして、2011年、SCCジャパンは「Peerless Industrial Group (ピアレスインダストリアルグループ) 」と共に新しいスタートを切りました。

日本で展開されている商品は、アメリカでの長年の経験と信頼の実績を背景に、日本の道路事情や使用状況に合わせて開発されています。

タイヤサイズ適合表一覧

10.株式会社 ソフト99

タイヤチェーン 救急隊ネット

コーポレーション大阪府大阪市に本社を置くカーワックスの大手メーカーです。

カーワックスのほか、ガラコワイパー、カーペイント、カーケア商品などを多数製造販売しています。

タイヤサイズ適合表一覧

製品名 タイヤサイズ適合表
救急隊ネット http://www.soft99.co.jp/search/tirechain/

11.Joubert french Productions
(ジュベルトフランス プロダクション)

スノーグリップテックス

ジュベルト プロダクションは、フランスに本社を構え、主に繊維製品を開発してきました。

とくに、フランス特許取得済の「スノーグリップテックス」は、楽天市場のタイヤチェーンランキングで堂々1位を獲得している製品となっています。

タイヤサイズ適合表一覧

製品名 タイヤサイズ適合表
スノーグリップテックス http://www.yellowhat.jp/product/winter/tire_chain/pdf04.html 

まとめ

いかがでしたか。

「車を買い替えたから、このタイヤチェーンは使えない」と諦めずに、もう一度、タイヤチェーンのサイズを確認してみてください。

また、雪が降る、積もるまえに一度、タイヤチェーンを前もって取付し確認をしておくことも大切です。

激安タイヤ通販の決定版!

タイヤはインチが大きいほど高くつくものです。

激安タイヤをお考えでしたら、 通販実績No1・顧客満足度99.5%の「オートウェイ(AUTOWAY)」がおすすめです。

オートウェイでタイヤを購入するメリットは次の通りです。

  • 年中無休
  • 年間180万本以上のタイヤ販売実績
  • 最短1日~2日の短期納品
  • 送料が全国一律タイヤ1本1,080円(税込)
  • タイヤを直送可能な取付店がある

ちなみに、オートウェイは、2015年6月より無類の車好きである石田純一さんをイメージキャラクターに起用しています。

1941年創業以来、1999年よりタイヤの通信販売を開始してから、通信販売での累計販売本数が1,600万本を販売するオートウェイなら、きっと満足すること間違いなしです。

無料買取一括査定

無料買取一括査定ランキング

第1位 かんたん車査定ガイド
入力45秒!簡単・人気急上昇中の一括査定

簡単入力で最大10社に一括で見積依頼。
中古車の買取一括査定の決定版!
入力後、すぐに査定概算価格が表示されます。
詳細ページ
第2位 カーセンサー
皆さんご存知!カーセンサー運営の一括査定

加盟業者数が多い。
最大11社からの見積もりが可能。
メールでの連絡も選べる(※電話連絡はあります)。
詳細ページ
第3位 ズバット車買取
全国展開大手の買取業者が多数参加

全国211社から厳選された最大10社に一括で査定依頼。
利用者100万人突破!
査定額が平均16万円以上アップの実績。
詳細ページ

役に立った!
と思われた方はシェアしてください!

 - タイヤ