日本一詳しい!タイムズカーシェアの気になる6つの料金

      2017/10/03

タイムズカーシェア 料金

若者の車離れと言われている現在ですが、「カーシェア」はレンタカーよりも簡単にいつでも借りれる自動車サービスとして定着していますよね。

カーシェアと言えば、「タイムズ」を一番に思い浮かべる方も多いと思いますが、料金については、どこまで把握をしていますでしょうか?

  • 初期費用は掛かるのか?
  • 基本料金は?
  • キャンセル料はあるの?

など、料金と言っても、たくさんの種類があります。

ここでは、タイムズのカーシェアの料金について、これからタイムズのカーシェアに加入する方や、すでに加入をしている方まで、分かりやすくご紹介いたしますので、是非、ご覧ください。

タイムズカーシェアの気になる6つの料金をご紹介

料金と言っても様々な料金がありますよね。

タイムズカーシェアにはどんな料金があるか、ご紹介いたします。

1.初期費用

タイムズカーシェアだけではありませんが、まずはカーシェア会社に入会しなければなりません。

タイムズカーシェアは、基本的には「初期費用(カード発行手数料)」がかかります。

しかし、入会方法によっては、この初期費用がかからない場合があります。

入会方法 初期費用
クイック入会 無料
カーシェア説明会での申込
無人入会機での申込
インターネット入会 有料
クイック入会

インターネットを使用し、基本情報を入力した後、店舗に会員カードを受取りに来店する方法です。

初期費用(カード発行手数料)が無料になる他、手続きが完了した日から利用可能になります。

駅前や空港などで受け取る場合がほとんどですので、まずは、受け取り可能な店舗を確認しておくことが大切でしょう。

カード発行可能店舗はこちらをご覧ください。

カーシェア説明会での申込

タイムズカーシェアでは、全国でカーシェアリングの良さを体験していただく説明会を行っています。

必要書類を持参していればその場で入会することが出来ます。

初期費用(カード発行手数料)が無料になり、カードも受け取れますが、登録には5日程度かかるので、すぐに使用することは出来ません。

事前申し込みは不要ですので、気になる方は説明会に参加してみてはいかがでしょうか。

説明会情報は、こちらをご覧ください。

無人入会機での申込

無人入会機と呼ばれる登録機械に必要事項を入力し、カード発行から登録までをすべて行う方法です。

インターネットで事前登録をしておけば、最短3分でカード発行まで無料で出来ます。

しかし、無人入会機は「個人プラン」での入会が対象となります。 「家族プラン・学生プラン・法人プラン」の入会は出来ませんので注意して下さい。

基本的には24時間可能ですが、一部の店舗では営業時間が異なりますので、まずは無人入会機の設置場所の営業時間を確認しましょう。

無人入会機の設置場所は、こちらをご覧ください。

インターネット入会

店舗に行くのが面倒と言う方は、インターネットですべての手続きを行います。

必要書類を受け取り後、最短5営業日で会員カードを発送してくれます。

インターネット入会は、初期費用としてカード発行料1,550円(1人/1枚)を1回のみ支払う事になります。
※法人プランの場合は、カード発行料が648円(1人/1枚)となります。

2.月額基本料

タイムズカーシェアの月額基本料金は以下になります。

プラン名 月額基本料 無料利用料
個人プラン 1,030円 1,030円
家族プラン 1,030円 1,030円
学生プラン 無料 0円
法人プラン 無料 0円

まず、「月額基本料は必ずかかる」と認識しておいた方が良いです。

個人・家族プランですと1,030円の無料利用料がありますが、これは毎月1,030円分までは無料で利用できると言う事で、その月に1回もカーシェアを使用しなければ、月額基本料が発生してしまいます。

個人・家族プランの場合は、「毎月1回でも1,030円分のカーシェアを利用する」と考えれば月額基本料が無料となりますので、必ず実行したいところです。

注意点!

月額基本料金は、日割りでの計算は無く、利用開始月から発生します。
従って、月末近くでの入会は損をしてしまいますので、月が変わってから入会をするようにした方が良いです。

3.利用料金

タイムズカーシェアの利用料金は、短時間の「ショート」と長時間を借りる「パック」に分けられます。

ショート

ショートは、15分単位で利用料金が課金されます。

また、車の車種(クラス)によって、ショート料金も分けられているので確認しておきましょう。

クラス ショート料金 距離料金
ベーシック
(プリウス、フィットなど)
206円/15分 なし
プレミアム
(Audi A1、MINIなど)
412円/15分 なし

利用料金

出典:https://plus.timescar.jp/fare/use.html

利用料金の課金は、「予約した開始時間から返却手続きが完了した時間までが対象」となります。

ショートの場合には、返却予定時間より前に返却すれば、その時間までが料金の課金となりますので、早めに返せるのであれば返却した方が良いでしょう。

また、借りる時間の10分前に到着して点検をしてから出発をすれば、利用料金がかからず、若干、得をする可能性がありますので、実行したいところです。

パック

パックとは、長時間(6時間以上)借りる予定のある方が選ぶプランです。車の車種(クラス)によって、料金が変わることはありません。

パックメニュー 利用料金 距離料金
6時間パック 4,020円 なし
12時間パック 6,690円 16円/走行km
24時間パック 8,230円
アーリーナイトパック
(18:00~24:00)
2,060円
レイトナイトパック
(24:00~翌9:00)
2,060円
ダブルナイトパック
(18:00~翌9:00)
2,580円

パックには、下記にご紹介する注意点がいくつかありますので、必ず確認しましょう。

注意点!

※ショートとは違い、早く返却しても請求金額は変わりません。
※パックメニューの併用および、パックのメニュー変更は出来ません。
※電気自動車には、パックの適用はありません。

キャンセルについて

キャンセルについてですが、キャンセル料という設定はありません。

利用開始時間前の変更・取り消しは1分前まで変更可能となっていますので、直前で使用しないと分かったら必ず予約の取り消しをしましょう。

利用開始時間が過ぎてしまうと課金が始まり、返却予定時間のみ変更可能となりますので、もし、取り消しが間に合わなければ最短の返却時間に変更すれば料金が安く済みます。

しかし、パックの場合は返却時間を変更(短縮)してもパック料金の全料金が課金の対象となってしまいますので、必ず利用開始時間の1分前までに取り消しをしましょう。

4.延長料金

「どうしても返却時間に間に合わない」、「もう少し借りたい」という方もいらっしゃるでしょう。

「利用を延長する場合は、返却予定時間までにカーナビから延長手続きを行わなければなりません。」

延長料金は、「ショート」の場合は、そのままショート料金が適用されますが、パックの場合は少々異なります。

利用プラン クラス・メニュー 延長料金 距離料金
ショート ベーシック 206円/15分 なし
プレミアム 412円/15分
パック 6時間パック 206円/15分
412円/15分
12時間パック 16円/走行km  
24時間パック
アーリーナイトパック
レイトナイトパック
ダブルナイトパック

パックは予約時に設定していた場合、パック終了後から最大6時間まで延長可能ですが、クラスによって延長料金が分かれるので、注意して下さい。

無断延長について

延長の申請をせずに、無断で返却予定時間を過ぎて利用すると、無断延長料が適用されます。

ショートやパックに関わらず、借りているクラスによって15分毎に計算されます。

クラス 無断延長料
ベーシック 412円/15分
プレミアム 824円/15分

5.補償制度(任意保険)

タイムズカーシェアは、もちろんですが、利用料金の中に補償制度と呼ばれる、車を運転する方なら誰もが知っている任意保険の費用が含まれております。

万が一の事故にあってしまった(起こしてしまった)場合に、以下の金額を限度とした補償がありますので、確認をしておきましょう。

補償名 補償金額
対人補償 無制限(1名につき)
対物補償 無制限(1事故につき)
車両補償 時価額(1事故につき)
人身傷害補償 無制限(1名につき)

※搭乗者傷害は付いていませんが、搭乗者の自動車事故によるケガ(死亡・後遺障害を含みます)につき、運転者の過失割合に関わらず、損害額を補償します。(限度額:無制限)

  • 対人補償:他人を死亡させたり、けがをさせたりした場合の補償
  • 対物補償:他人の物や車に損害を与えた場合の補償
  • 車両補償:タイムズカーシェアの車両に損害があった場合の補償
  • 人身傷害補償:ご自身や同乗者が死傷した場合の補償
NOC(ノンオペレーションチャージ)及びペナルティ料金

NOC(ノンオペレーションチャージ)とは、タイムズカーシェア利用中に事故や盗難、故障、汚損等が発生し、車両の修理・清掃が必要となった場合、その利用期間中の営業補償分を利用者が負担することを言います。

NOCは「自走できる場合」と「自走できない場合」でペナルティ料金が異なるので、あらかじめ確認が必要です。

項目 NOC内容およびペナルティ 申受金額
事故時 自走可能の場合 2万円(NOC)
自走不能の場合 5万円(NOC)
忘れ物 タイムズ側が忘れ物を回収する場合 実費+2万円(NOC)
汚損   たばこ・ペット・おう吐の臭い除去 実費+2万円(NOC)  
ペットの毛、おう吐物、灯油の清掃
ごみの回収
 紛失 車のカギ 実費+2万円(NOC)
キーボックス 実費
パスカード
ガソリンカード
その他
 乗り捨て 故意に乗り捨て・返却場所間違い 実費+2万円(NOC)+延長料金
  降雪で車両を戻せない場合の移動費 25,000円
 バッテリー上がり 利用中の発生 実費
混油  油種を間違えて給油した場合 実費+2万円(NOC)
 車両内破損 スイッチ類等 実費+2万円(NOC)
破損 タイヤの破損 実費
TCP安心補償サービス

タイムズカーシェア利用中の事故や汚損等によって、NOCや実費を負担しなければなりませんが、TCP安心補償サービスに加入していれば費用が免除となります。

しかし、加入していてもすべてが免除となる訳ではありません。

以下の6種類のみ免除となります。

  1. 事故を起こしてしまった場合のNOC(2万円および5万円)
  2. タイヤがパンクした場合(実費金額)
  3. バッテリー上がり(利用中に発生した場合の実費金額)
  4. キーのインロック(出動・作業が発生した場合の実費金額)
  5. ガス欠(利用中に発生した場合の実費金額)
  6. レッカー等の搬送費用(対象に関わるもの)
加入料金 309円/利用

TCP安心補償サービスへの加入は、マイページの「ご登録情報の確認」より設定します。

予約登録完了後も、利用開始時間の1分前まではTCP安心補償サービスの加入・未加入が変更できますので、直前まで悩んでも問題ありません。

しかし、利用開始後には加入の申し込みが出来ません。

また、その他、貸渡約款に掲げる事項に違反がある場合は、保険・補償の適用が出来ませんので注意しましょう。

6.ガソリン・洗車代

レンタカーとは違って、カーシェアの場合は「車に乗ってみたらガソリンが少ない」なんてこともあるでしょう。

タイムズカーシェアの会社の方が定期的にガソリンの補充をしていますが、間に合わない場合もあります。

タイムズカーシェアでは、燃料計が半分程度に減ったら、車内に設置している専用の給油カードを使って給油をお願いしています。

さらに、車の汚れが気になる場合は水洗い洗車もあわせてお願いしています。

給油や水洗い洗車を行うと、ショートプランを選択している方はお得な料金割引が受けられますので、エンジンをかけたらガソリンの残量の確認を忘れずにしましょう。

また、給油や洗車が可能なガソリンスタンドであるかは、前もって確認しておくことが大切です。

内容 割引内容
給油 20リットル以上の給油 15分の料金割引
水洗い洗車 水洗い洗車をした場合 15分の料金割引
給油+水洗い洗車 20リットル以上の給油+水洗い洗車 30分の料金割引
注意点!

※水洗い洗車をした場合は、利用時間内に専用フリーダイヤルまで連絡をしなければならない。
※洗車について、一部ガソリンスタンドでは専用給油・洗車カードを利用できない場合があります。
※給油は自動検知をしていますが、一部非対応車種(MINI等)があるので、それらの車種への給油をした場合は利用時間内に専用フリーダイヤルまで連絡をしなければならない。

まとめ

タイムズカーシェアの料金について、理解していただけましたでしょうか。

まずは加入が先決ですが、毎月1回以上は車を使用しないと、月額利用料が発生してしまいます(個人・家族の場合)。

利用頻度を考えて、レンタカーとカーシェアをうまく利用し、ドライブやお出かけを楽しんでください。

無料買取一括査定

無料買取一括査定ランキング

第1位 かんたん車査定ガイド
入力45秒!簡単・人気急上昇中の一括査定

簡単入力で最大10社に一括で見積依頼。
中古車の買取一括査定の決定版!
入力後、すぐに査定概算価格が表示されます。
詳細ページ
第2位 カーセンサー
皆さんご存知!カーセンサー運営の一括査定

加盟業者数が多い。
最大11社からの見積もりが可能。
メールでの連絡も選べる(※電話連絡はあります)。
詳細ページ
第3位 ズバット車買取
全国展開大手の買取業者が多数参加

全国211社から厳選された最大10社に一括で査定依頼。
利用者100万人突破!
査定額が平均16万円以上アップの実績。
詳細ページ

役に立った!
と思われた方はシェアしてください!

 - カーシェア