試乗確認!アルファード30系Executive Loungeの内装は?

      2017/06/19

アルファード 内装

「アルファード」に乗りたい!乗ってみたい!と思っているお父さん方は、結構いますよね。

最近の車は、とくにグレードがたくさんあって、何が何だか分からず、ディーラーの方の「オススメでこれ」、なんて方もいらっしゃるはずです。

グレードによって外観(見た目)も違いますが、内装だって違います。

今回、試乗させてもらったExecutive Loungeは、アルファードの中でも最上級グレードです。

 豪華と言われていますが、果たしてそうなのでしょうか。

ここでは、アルファードのExecutive Loungeの内装について、ご紹介いたします。

※この記事は、「http://toyota.jp/alphard/」を元に情報をお知らせしています。写真は、個人で撮影したものになります。

アルファード30系Executive Loungeの装備

アルファード30系の中でExecutive Loungeは、最上級グレードです。

何が最上級グレードなのか、まず先にご紹介しておきます。

「Executive Lounge」だけの装備は主に以下になります。

  • エグゼクティブラウンジシート
  • インテリジェントクリアランスソナー
  • レーダークルーズコントロール
  • NAVI AI-SHIFT
  • 12.1型リヤシートエンターテインメントシステム
  • JBLプレミアムサウンドシステム
  • DCM+ルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)
  • プリクラッシュセーフティシステム
  • イモビライザーシステム+オートアラーム
  • オリーブ・アッシュパール木目調
  • セミアニリン本革
  • 読書灯

Executive Loungeの希望小売価格は「6,522,218円」、上級グレードのGFは「4,842,327円」と約1,700,000円の差があります。

上記装備がついて1,700,000円アップとなるのであれば安いのか高いのかは、お客さん次第ですね。

アルファード30系Executive Loungeの内装をご紹介

早速、Executive Loungeの内装を見てみましょう。

ブロックに分けてご紹介いたします。

1.フロント

アルファード 運転席

運転席はこんな感じです。

Executive Loungeのハンドルは、本革で巻かれた「オリーブ・アッシュバール木目調」のハンドルです。

ハンドルにはいろいろスイッチが付いています。

メーター

アルファードのメーターは3タイプありますが、Executive Loungeの場合は、普通のガソリン車と同じで、針がブルーの色で見やすいメーターパネルとなっています。

イグニッション部分

エンジンスターター部分です。

スターター下の収納ボックスには、ETC車載器が設置することが出来ます。

シフト

シフト部分は、内装色と同一です。

シフト横の右横には、電動のパーキングブレーキスイッチがあります。

運転席 スイッチ部分

運転席にあるウインドウなどのスイッチはこんな感じです。

ナビ

Executive Loungeは、何といってもSDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステムが標準装備されています。

モニターは「9.2型ワイドタッチディスプレイ」で駐車などをサポートしてくれるパノラミックビューモニターも標準装備されています。

約700,000円のメーカーオプションが標準装備ですので、いかがでしょうか。

ドリンクホルダー

ドリンクホルダーの横には、ちょっとした小物を置けるスペースがあります。

シフト横 収納

ソフトの横には、収納ボックスがあります。

助手席

助手席は、足元にオットマンが付いています。

リクライニングなどは電動ですね。

助手席カップホルダー

助手席には、カップホルダーが付いています。

木目調が高級感を際立たせてくれます。

フロント天井部分

運転席・助手席の天井部分には、ライトの他、左右ドア、バックドアなどのスイッチが集約されています。

2.セカンドシート

セカンドシート

セカンドシートは、Executive Loungeのメイン部分でしょうか。

「エグゼクティブラウンドシート」と言われ、Executive Loungeだけのシートです。

Executive Loungeは、すべてのシートが、セミアニリンという本革を使用しています。

また、シートの色は標準ですと「ブラック」になり、ベージュ色の「フラクセン」も選ぶことが出来るそうです。

サイドテーブル

ひじ掛け部分には、テーブルが収納されています。

パソコンなども十分に乗せることが出来ますので、移動中でも仕事が出来るかもしれません。

ひじ掛け部分 カップホルダー

ひじ掛け部分にはそれぞれカップホルダーがあります。

ひじ掛け部分 スイッチ

ひじ掛け部分には、スイッチがあります。

オットマンやリクライニンング、さらに、読書灯の照明スイッチなどもここから操作します。

読書灯

読書灯は、Executive Lounge標準装備です。

セカンドシート コンソールボックス

セカンドシートにあるコンソールボックスです。

テレビのリモコンや収納スペースがあります。

コンセント

座席の下には、それぞれ専用のコンセントが取り付けられています。

ガソリン車は「AC100V(100W)」、ハイブリッド車は「AC100V(1500W)」となっています。

天井 ライト

天井には、気分によって変えることが出来るイルミネーションライトが取り付けられています。

16色のカラーや明るさを自分なりにカスタマイズ可能です。

フリップダウンモニター

Executive Loungeには、標準で12.1型フリップダウンモニターが取り付けられています。

3.サードシート

サードシート

Executive Loungeのサードシートは、実は乗り降りが、とても不便です。

セカンドシートの背もたれが電動であるので、背もたれを倒した状態でないと乗ることが難しいです。

サードシート 広さ

サードシートは、三人掛けですが、大人3人だと真ん中の人がつなぎ目の部分に乗ることになりますね。

座ることは、十分可能ですけど。

トランク

トランク部分はこんな感じです。

サードシートを後ろに下げて、ゴルフバックは積めませんね。

しかし、この床には下に収納スペースがありますので、何か収納しておくのは最高です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はアルファード30系Executive Loungeの内装をご紹介いたしました。

このExecutive Loungeは、やはりセカンドシートに乗る方にメリットがあるグレードと言えます。

かなり広々と乗れますので、長時間の移動でも苦にならないような気がしますね。

中古車検索サイト

goo-net
「カーと言えばグー」でもお馴染み!

業界最大級の中古車登録台数約30万台。
車両状態が分かる「ID車両」。
最大3年間のGoo保証。
詳細ページ
カーセンサー


皆さんご存知!カーセンサー

リクルートが運営する中古車情報サイト。
業界最多水準の保証範囲である「カーセンサーアフター保証」
掲載台数約40万台
詳細ページ
ガリバー


買い取り実績NO1のガリバー!

基本的に修復歴無しの車両。
中古車販売でも実績NO1(※2014年度)
業界初の最長10年のオプション保証。
詳細ページ

無料買取一括査定

無料買取一括査定ランキング

第1位 かんたん車査定ガイド
入力45秒!簡単・人気急上昇中の一括査定

簡単入力で最大10社に一括で見積依頼。
中古車の買取一括査定の決定版!
入力後、すぐに査定概算価格が表示されます。
詳細ページ
第2位 カーセンサー
皆さんご存知!カーセンサー運営の一括査定

加盟業者数が多い。
最大11社からの見積もりが可能。
メールでの連絡も選べる(※電話連絡はあります)。
詳細ページ
第3位 ズバット車買取
全国展開大手の買取業者が多数参加

全国211社から厳選された最大10社に一括で査定依頼。
利用者100万人突破!
査定額が平均16万円以上アップの実績。
詳細ページ

役に立った!
と思われた方はシェアしてください!

 - 中古車情報